皆さんこんにちは!

今回はアニメの「マクロス⊿」の主人公であるハヤテ・インメルマン役やアイドルマスターsideMの桜庭薫役などで知られる男性声優の内田雄馬さんについてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

爽やかなルックスに加えて、演技力や歌唱力も申し分なく、2018年にはソロアーティストとしてのデビューも果たし、その活動の幅をどんどん広げている期待の若手声優さんですが、お姉さんが人気声優の内田真礼さんであることでも知られていますね。

 

ただ、お姉さんの知名度関係なく内田雄馬さん本人がなかなか濃い存在感を醸し出しており、「名言製造機」とも呼ばれ多くのファンから愛されています。

 

今回は、そんな内田雄馬さんのこれまでの芸歴、声優になったきっかけは基本的なプロフィール等、内田雄馬さんについてあまりよく知らない、作品は見たことがあるけどどんな人なの?

 

と言った人に向けてわかりやすくまとめた趣旨になっていますので、ぜひチェックしてみてください。

声優・内田雄馬のwiki風プロフィールと経歴紹介!

基本プロフィール

名前 内田雄馬(うちだゆうま)
愛称(あだ名) ゆうまたそ、たそ
出身地 東京都
誕生日(生年月日) 1992年9月21日
年齢 26歳(2019年5月現在)
血液型 A型
身長 163センチ
職業 声優、歌手
所属事務所 アイムエンタープライズ
趣味 音楽、散歩、森林浴、山登り
特技 作曲、モノマネ、焼肉を焼く、ジャケットプレイ
好物 肉全般

姉には、まれいたそがいる(女性声優の内田真礼)

同期の声優としては長縄まりあさん、小澤亜李さんなどがいる。

スポンサードリンク

【声優】小澤亜李は性格も可愛い!料理も得意だけど結婚や彼氏はいるの?

【声優】長縄まりあの彼氏や幼女ボイスは地声?痩せた現在や出演キャラとプロフィール紹介!

簡単な経歴

2010年、日本ナレーション演技研究所へ入学。

養成所在籍中である2012年にはアニメ「Holy Knight」のアフレコにて声優デビュー。

養成所を卒業後、2013年4月に現事務所であるアイムエンタープライズへ所属。

2014年から放送されたアニメ「ガンダムビルドファイターズトライ」ではコウサカ・ユウマ役で初のメインキャラクターを演じる。

ちなみに、このガンダム作品ではキャラ名が自分の名前と同じ「ゆうま」ということで話題にもなりました。

2017年には第11回声優アワードにて新人男優賞を受賞。

2018年5月30日、KING AMUSEMENT AREATIVEよりソロアーティストデビュー。

2019年3月、第13回声優アワード主演男優賞を受賞。

 

とまあこんな感じで声優デビューから大体5年くらいたったわけですが、デビュー翌年にはガンダム作品でメインキャラクターを務め、2018年にはソロデビューとかなりテンポよくキャリアアップしているような印象はあります。

 

私が、最初に内田雄馬さんを見た作品は「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」のアイン・ダルトン役でしたね。(その頃は内田さんを認知していたわけではないんですが...)

作中では、主人公たちの敵勢力のキャラとして登場するも、正義感溢れる典型的な熱血キャラでとても迫真の演技だったのは記憶に新しいですね。(そもそもガンダムはどちらも正義ですから悪役なんていないんだ...)

 

オルフェンズの制作事情に関しては詳しく知らないんですが、序盤で退場するはずだったアインの演技があまりにも良すぎて、内容変更で終盤まで登場することになったという話もあるくらいですから、当時から内田さんの演技に対する評価は高かったのでしょう。(アインがどうなるかは本編を見てくれ)

 

オルフェンズは内田さんの比較的初期作品なうえに、演技も素晴らしく、個人的に近年のガンダム作品でも面白かったのでぜひ視聴してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

声優になったきっかけ

内田雄馬さんは、幼少期から家族そろってゲーム好きな家庭であったことから、常にゲームのある環境で育ったようで13歳の時には「サクラ大戦」をきっかけに声優業への興味が出始めます。

 

それ以前には、小学校の頃の学芸会でお芝居が楽しかったことも表現の道を目指したい理由の1つだったと話しています。

そして、17歳の時高校卒業後の進路を考えている際に、声優の道へ進むことを決め日本ナレーション演技研究所へと入学。

 

なかなか、自分の進路に声優の道を選べる決断力を持っている人は少ないでしょうが、内田雄馬さんの場合は多少お姉さんの影響もあったのかもしれないですね。

 

彼が進路を決める17歳といえば、時期的には丁度内田真礼さんは同じ日ナレ所属中、声優デビューを果たしアイムに入所するくらいの時期です。まだこの頃は、ブレイクしていなかったとはいえ同じく声優の道を志す姉の姿は確実に内田雄馬さんの背中を押していたでしょう。

 

そして現在へ至ります。

一般的に男性声優といえば、女性人気が大部分を占める印象がありますが、内田雄馬さんは前述したガンダムシリーズ2作品に加え、マクロス⊿では主人公のハヤテ・インメルマン役も演じておりロボットアニメへのメイン出演が多いんですね。

私もロボットアニメ大好きなんですが、やっぱり視聴者は男性の方が多いです。

そして、傍らでは「うたの☆プリンスさまっ」や「アイドルマスターsideM」など女性人気のコンテンツでもしっかり活躍しており、男性と女性両方のファンを多く抱えた声優さんとなっています。

本名や年齢は?

内田雄馬さんの本名ですが恐らく現在の活動名義である「内田雄馬」さんが本名であると思われます。

 

まず、姉に当たる内田真礼さんは「内田真礼」が本名であることが判明しています。そのため、姓名が「内田」なのは確定ですね。

 

下の名前に関しては、確定ではないもののお姉さんである真礼さんが「ユウマ」と呼んでいることやお姉さんが本名で活動していることを考えると、弟も本名と考えるのが自然ではないかなという理由です。

 

年齢に関しては、2019年5月現在で26歳となっています。お姉さんとは3歳違いのようですね。

スポンサードリンク

声優・内田雄馬はどんな人?

めっちゃ水を飲む

どこかで聞いたような話ですが、内田雄馬さんはめっちゃ水を飲みます。

ニコニコ生放送で収録がある際にも、彼の水を飲む量は常人の比ではなく、用意するペットボトルの本数が周りの数倍となっています。

 

某水飲み声優の大西沙織さんとかもどでかいペットボトルを一人だけ用意されていた気がするんですが、まあ代謝も良くなりますし健康ってことでいいのでしょうか。

個人的には、1回の収録中であれだけ飲んで頻繁にトイレに行かないことの方が不思議でならない...

笑い方が特徴的

そして、内田雄馬さんは笑い方が特徴的なことでも知られています。

実際に、ラジオや番組に出演している際に笑っているときの内田雄馬さんを見ていただければわかりますが、

「デュフフフ」と「フハハハハハ」が混ざったようなまるで魔王のような笑い方が特徴的です。

スポンサードリンク

なかなか、あの手の笑い方をする男性声優は見たことがないですね。女性だと変な笑い方をする声優さんは結構いるんですが、男性側は結構まともな人が多い印象。

ずっと彼の笑い声を聴いていると、いつの間にかつられて笑ってしまう中毒性がありますので聴きすぎには注意!

目立ちたがりやな性格

内田雄馬さんは自身の性格について目立ちたがり屋でみんなの前で面白い事をするのが好きだと話しています。

 

自分があれだけ大笑いするゲラですから、周りを笑わせるのも好きだったんでしょう。番組でも積極的に話して笑いをとっていくムードメーカー的な役割であることも人気の1つでしょう。

 

男性が見る男性声優への個人的な意見としてはおとなしくして可愛いキャラを作ってる女性人気を誘うタイプよりは、笑いが取れる面白い男性声優の方が好きですね~。(もちろん好みはありますが)

 

あとは、寂しがりやな一面もあるみたいです。

まとめ

今回は声優の内田雄馬さんについて簡単にご紹介させていただきました。

これからの活躍も楽しみです!

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事