今回は、あまりにも天然で独特のふわふわした喋り方と雰囲気から『わたあめ』と呼ばれることもある男性声優の深町寿成さんについてご紹介して行きたいと思います!

スポンサードリンク

深町寿成さんといえばアイドルマスターsideMの黒野玄武役などへの出演が代表的だと思いますが、今回はそのほかの出演や裏名義の話、中のいい声優さんや天然だと言われる理由の1つである『深町語録』についてご紹介して行きたいと思います。

声優・深町寿成のwiki風プロフィールと経歴紹介!

基本プロフィール

名前 深町寿成(ふかまちとしなり)
あだ名(愛称) なっきゃん
誕生日(生年月日) 8月29日
年齢 不明
出身地 山形県
血液型 A型
所属事務所 アウトプロ
特技 ゲーム
趣味 ギター、スキー
性別 男性
職業 声優
好きな食べ物 ドリンクバー
身長

 

中のいい声優は、千葉翔也さん、高塚智人さん、小林大紀さん。4人でよく集まってご飯に行ったり、遊びに行ったりするようで度々『この前の収録で俺らのこと話したわ』と4人が仲良しであることを番組で話したことの報告をしあうようです。

 

仲良しアピしたくなるほど、仲良しなんですね〜。女性声優さんも中のいい人はいいですが、男性声優の方がプライベートの仲はいいイメージがありますね。また、この4人は特にお互いが仲良しであることでも知られるsideM声優なのでなおさらでしょう。

 

4人それぞれのラジオを見ていただければ、4人のプライベートについても語っていると思いますので必見ですね。

声優になったきっかけ

大抵の声優さんは、何かしら声優になろうというきっかけを持ってこの業界に入ってくるのですが、深町寿成さんの場合それは皆無。

 

直感で急に声優に興味を持つようになり、声優を目指すうちにどんどんそれが本気になって現在に至ると言うちょっと変わった経緯ですね〜。

 

ちなみに、子供の頃はスーパーロボット大戦シリーズなどをよくプレイしていたようで、ガンダム作品に関してはゲーム経由で結構詳しいみたいです。(私はGジェネ派ですが…)

なので、いつかはロボットアニメへの出演もしたいと語っています。声質的に、シリアスな役は全然イケると思うので今後新作のガンダムで起用されることを祈っています!!

 

深町さん曰く山形に住んでいた頃は、芸能人になったり、アーティストとかそう言ったある意味『冒険をする人』が全然おらず、普通に就職する人ばかりの環境だったようです。

 

しかし、上京がきっかけでテレビで観ていた場所に行けることなど憧れの東京に来たことで刺激を受けまくったようで、いつの間にか声優になろうと思っていたようです。まぁ、一度きりの人生ですから好きなことはやったほうがいいですよね!

 

もし、深町さんが上京していなかったら声優としての深町さんも存在しないと考えると恐ろしいです…

 

ちなみに、憧れの声優さんには小野友樹さんを挙げています。

本名や年齢は?

深町寿成さんは本名や年齢共に非公開となっています。

 

しかし、後ほど話すこれまでの経歴等からある程度予想はできるのですが、年齢に関してはアラサー、本名に関しては芸名と同じく『深町寿成』である可能性が高いです。

 

詳しくは、後ほどお話ししますので引き続き読み進めていただければOKです(*゚▽゚)ノ

裏名義やBLCDへの出演はある?

さて、そんな深町寿成さん。基本的に声優さんといえば、一般的なアニメなどに出演する際の名義と18禁作品などの成人向け作品に出演する際の名義『裏名義』の2種類がありますがどうやら深町さんにも裏名義があるようです。

 

どうやら『八王子タカオ』という裏名義で活動しているようです。

もし自分で決めたのなら憧れの東京に影響されすぎなのでは…(笑)

スポンサードリンク

声優・深町寿成のデビュー作や代表作品・出演アニメキャラクター

  • デビュー作→メタルファイトベイブレード爆
  • 大怪獣ラッシュウルトラマンフロンティア/マグママスター・マグナ
  • 魔法戦争、ニセコイ、メガネブ!、惡の華
  • ひだまりスケッチ×ハニカム/献
  • 霊剣山 星屑たちの宴/兵雲
  • ありふれた職業で世界最強/南雲ハジメ
  • アイドリズム/嵯峨山陸
  • 代表作品→アイドルマスターsideM・黒野玄武
  • キズナストライカー/四和洲レイ
  • 夢王国と眠れる100人の王子様
  • イケメンライブ 恋の歌をキミに/眞白奏

 

やはり一番知名度があるのはアイドルマスターsideMの黒野玄武役ですね。アイマスでは『神速一魂』と言うユニットを、益山武明さん演じる紅井朱雀と組んでおり、sideMでも唯一のヤンキーアイドルグループとなっています。

 

ちなみに、黒野玄武は頭脳明晰なインテリヤンキーのキャラである、感性と思考はちょっとズレているというまさに深町寿成さんを体現したようなキャラクターとなっています。

また、深町寿成さんの歌唱力やイケボ具合に関しては実際に見てもらった方が早いかと思います。

発言がふわふわすぎる?深町寿成の深町語録とは

深町寿成さんは、その天然具合からよくふわふわしていると言われており一部では『わたあめ』という愛称で親しまれています。

 

実際、ラジオや番組などに出演している際の深町さんを見てみると、なんか喋りに独特な間と言うか次に言うことを考えていない感じで、一言一言ゆっくりしゃべるんですよね(笑)

 

さらに、深町さんといえばその数々の謎すぎる発言が『深町語録』としてファンからは語り継がれており、軽くリストにするだけでも以下のような天然発言があります。

 

  • 『好きな食べ物は?』と聞かれてドリンクバーと答えてしまう。
  • 『男らしくない』と言う理由で、購入した折り紙のピンクの折り紙だけを全部捨ててしまう。
  • ラジオの投書にて、『カレーの食べすぎて胃が痛い』という相談に対し『僕のオススメのカレーはしまじろうカレーです』と答えてしまう。(おそらくリスナーは胃の痛みを和らげる方法を知りたかったことに対し、深町さんは解釈違いで胃に優しい子供用のカレーを勧めてしまっている。)
  • ピーマンは中身がないからゼログラビティ
  • 理想のホワイトデーのお返しは『クッキーの中から指輪と婚姻届を出したい』と言ってしまう。
  • 『今日は朝ごはんに半日分の野菜が摂れる野菜ジュースを2本飲んで、1日分の野菜を摂れたからセリフはバッチリです!』という、解るけど訳の分からない発言をしてしまう。
  • 電車でぼーっとしていたら降り過ごしてしまい、すぐに降りて逆方向電車へ乗るものの再び降り過ごし、さらに引き返して逆方向の電車に乗るものの3度目の降り過ごしをしてしまう。 

 

やっぱり何か、普通の人とは着眼点がズレていると言うか変わってますね(笑)

スポンサードリンク

深町寿成の出身高校や大学は?

さて、そんな深町寿成さんの出身高校や大学に関してですが、当然本人の口からは公表されていません。

 

しかし、色々調べてみると『2004年 かねやまGS』というスキーの大会にて『深町寿成』さんという方の記録が残っていました。

 

ちなみに、その方の出身高校は『日大山形高等学校』となっており、これは深町さんの出身地である山形県に一致すると同時に、スキーは深町さん本人が挙げている特技の1つでもあります。

 

また、2004年に高校生の場合現在の年齢は29〜32歳くらいとなり、大まかな深町さんの年齢とも近いです。

 

このため、記録にある『深町寿成』さんの名前は本人ではないかな?と個人的には思います。

 

なので、本名に関しては『深町寿成』、出身高校は『日大山形高等学校』、加えてこの高校は日大の付属大学となっていますので普通に進学したのであれば日本大学に通っていたことになりますね。

 

ただ、確定した情報ではありませんのであくまでも参考程度によろしくお願いします。

深町寿成の筋肉がすごい!

優しげな顔、ふわふわな雰囲気で清楚系イケメン声優の座を勝ち取っている深町寿成さんですが実は筋肉がすごいらしいんです!!

 

本人もフィジカルに関してはかなりの自信があるようで、学生時代のスポーツテストに関しては学年で一番だと話していました。

 

加えて、自他共に認める良いの筋肉の持ち主でもあり、実際にその筋肉を触った永野由祐さん曰く『鉄のような筋肉』、触ってはいないものの実際にその筋肉を目にした小松昌平さんは『バキバキの腹筋だった』と語っています。

 

気になって、実際の画像を探して見たものの深町さん本人はTwitter等にも筋肉の画像に関してはアップしていませんでした…(見たいのに!見たいのに!)

 

なので筋肉画像に関してはお預け。続報を待ちたいと思います。

 

また、筋肉声優といえば個人的に駒田航さんがテッペンだと思ってます。もし筋肉好きの方は、そちらの方も下記リンクに添付しておきますのでチェックして見てください。

 

【声優】駒田航はイケメンだけど結婚や彼女は?声量おばけの秘訣と筋肉がすごい!

深町寿成はイケメンだけど結婚や彼女はいる?

さて、そんな深町寿成さん。天然でふわふわして、挙動不審だったりするものの顔自体はめちゃくちゃイケメンのモテ顔です。

 

おまけに声もかっこいいですし、歌も上手いということでモテ要素に関しては全て揃っています!!

 

しかし、現在彼女や結婚といった話は全く聞きませんね…

 

まとめ

これからの活躍も楽しみです!

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事