今回はみのりんごのニックネームで親しまれ、マクロスΔのフレイア・ヴィオン役やアイドルマスターシンデレラガールズの藤原肇役などで知らる声優の鈴木みのりさんについてご紹介します!

スポンサードリンク

マクロスの新歌姫だけあって、若いながら圧倒的歌唱力と表現力を持ち合わせる彼女ですが一体どんな経緯で声優になったのか…

声優・鈴木みのりのwiki風プロフィールと経歴紹介!

基本プロフィール

名前 鈴木みのり(すずきみのり)
愛称(あだ名) みのりんご、きみちゃん、みのさん、みのり隊長
誕生日(生年月日) 1997年10月1日
年齢 21歳(2019年3月)
出身地 愛知県
血液型 A型
所属事務所 e-stone music
職業 声優・歌手
性別 女性
好物 カツ丼、りんご
趣味 音楽鑑賞
特技

丹下桜のラジオを聴くことを日課にしている。

学生時代には陸上部に所属しており、走ることには自信がある。

兄弟は、4つ年下の妹がいる。

簡単な経歴

小学生時代

小さい頃から歌うことがとにかく大好きな女の子で、母親が平井堅好きだったことや父親がアニメ好きだったこともあり、アニソンや普通の歌などとにかくいろいろな歌を歌って育ったようです。

 

ちなみに、当時のお母さんのガラケーの着信音はゲキテイ(檄!帝国華撃団)(サクラ大戦の主題歌)だと語っています。

 

学校でも歌うことが大好きで学芸会などではすすんで自分から歌う役に立候補したり、音楽の時間にも自分から歌っていたようです。とにかく、小さい頃からたくさんの歌と触れ合う機会が多かったことが、鈴木みのりさんの歌好きになるきっかけだったんですね。

 

小学3年生の頃には、音楽や国語の授業中の朗読などが大好きになり、将来は歌や朗読などができる仕事に就きたいと思い始めたようです。

 

また、小学校高学年になると深夜アニメにも手を染め始めます。その過程で、『星間飛行』や『ダイヤモンドクレバス』などのアニソンを聴いたことがきっかけで『マクロスF』を視聴し作品と中島愛さんの大ファンになります。

 

ちなみに、当時ハマっていたアニメとして

  • けいおん!
  • マクロス
  • 涼宮ハルヒの憂鬱
  • 魔法少女まどかマギカ!
  • 新劇場版エヴァンゲリヲン

 

などを挙げています。この時代は本当に名作と言われる作品が沢山輩出された時代ですね〜。この世代の声優さんのほとんどが、上記のような作品に影響を受けて業界入りしていると言っても過言ではないでしょう。

 

また、NHK紅白歌合戦では水樹奈々さんを知り、アーティスト関連では水樹奈々さん、中島愛さんのほかに坂本真綾さん、宮野真守さん、GRANRODEOさんなどを大きく影響を受けたアーティストとして挙げています。

 

ちなみに、坂本真綾さんに関しては鈴木みのりさんがファンクラブに加入しており、対してお母さんの方は宮野真守さん,GRANRODEO,水樹奈々さんのファンクラブにそれぞれ加入し、お互いに情報共有や親子でライブなどの参戦もしているとか。

 

家族ぐるみでこういったアニメの話ができたり、イベントに参加できるってのはめちゃくちゃいいですね!そういった趣味に理解があるだけでも十分にありがたいですが、どうせなら一緒に楽しんだ方がいいですし、何よりイベントやライブに参加するお金もある程度負担してくれそう(笑)

 

また、漫画作品に関しても小さい頃からたくさん触れ合っており、一番好きな漫画には『彼氏彼女の事情』を挙げています

 

とにかく、こういったアニメやアーティストのライブ活動などに数多く触れ合う中で、自分が将来やりたいと思っている歌や朗読などの活動は全て声優になればすることができると知り、そこから声優になろうと考え始めます。

スポンサードリンク

独自の特訓を開始した中学生時代

声優になることを決心した鈴木みのりさんは、小学6年生くらいの頃から独自の声優になるための特訓を開始します。

 

本人が話していた具体的な内容としては、これまでずっと好きでやってきた歌はもちろんのこと、好きな漫画のキャラになりきってセリフをアテレコしたり、アニソンを歌っては録音し、よく出来たところや悪かったところなどをノートにメモしては自己分析を繰り返すなど、子供ながらにかなり的確な勉強法で声優になるための努力を重ねていたことがわかります。

声優になるために本格的に活動を開始した高校時代

高校1年生になると、アルバイトを開始し約1年間貯金を続け高校2年生になってからは貯金したお金で週に1度東京の声優養成学校へ行きレッスンをする生活を送り始めます。

 

高校卒業後ではなく、高校在学中にここまで行動に移すというところがもう他とは違いますね。どれだけ、鈴木みのりさんが声優↑なりたいという気持ちが強かったのかわかりますね。

 

そして2015年春、当時17歳の時に新作アニメ『マクロスΔ』の歌姫オーディションに参加。歌唱審査では、小さい頃に憧れた中島愛さんの後を継ぎたいという思いから『ホシキラ』を歌い参加者計8000名の中から見事グランプリを獲得。

 

2016年4月に放送開始したアニメ『マクロスΔ』ではヒロインのフレイア・ヴィオン役として声優デビュー。

また、作中に登場するユニット『ワルキューレ』のメンバーとしての活動も開始。

 

2018年の1月にはアニメ『ラーメン大好き小泉さん』のOPテーマである『FEELING AROUND』にてソロデビュー。

 

現在では、アイマス声優やその他多くの作品をにてメインキャラとしての出演も果たし、絶賛活躍中の声優さんです!

 

こんな感じで、小さい頃から憧れていた声優になりたいという夢を見事叶えていますが、これまでの努力量などを考えると約8000名という競争率の中で選ばれたことも納得ですし、実際の歌唱力に関しても同年代の若手声優の中ではずば抜けて高いと思います。

本名や年齢は?

鈴木みのりさんの本名に関して、もともと声優デビューが決まった際自分の大好きな漫画作品である『彼氏彼女の事情』の主人公である『宮沢雪野』の名前からちなんで芸名をつけようとしたようですが、諸事情により本名でのデビューになったことがわかっていますので『鈴木みのり』が本名となります。

 

年齢に関しては、2019年3月現在で21歳となっています。まだまだ若いですね。

 

ちなみに、中島愛さんもマクロス歌姫オーディションを勝ち取ったのは18歳と鈴木みのりさんとわずか1歳違いなので、正に第2の中島愛的な存在ですね。

スポンサードリンク

鈴木みのりのデビュー作や代表作品と出演アニメキャラクター

  • デビュー作→マクロスΔ/フレイア・ヴィオン
  • 代表作品→アイドルマスターシンデレラガールズ/藤原肇
  • カードキャプターさくら クリアカード編/詩之本秋穂
  • ちおちゃんの通学路/篠塚桃
  • クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ/フレイア・ヴィオン、詩之本秋穂
  • 艦これ/天霧、狭霧
  • ウマ娘/アグネスデジタル

鈴木みのりの圧倒的な歌唱力!

現在声優として活動してはいるものの、マクロスの歌姫オーディションでのデビューや現在のデレステ声優としての活躍などを見ると、やはり一番の魅力はその歌唱力の高さだと思います。

 

実際ソロでの活動としては、デビュー曲である『FEELING AROUND』はアニメのタイアップ曲でしたが、とにかく歌っている最中の素敵な笑顔、曲自体の特徴的なリズムと一度聴くと耳に残るようないい声をしています。あと、チラチラ見える八重歯がめちゃくちゃ可愛いですよね(笑)

 

個人的には、あまんちゅ!〜あどばんす〜のOPにもなっている『Crosswalk』が曲単体としては一番好きですね。

 

この曲は、作詞が坂本真綾さん、作曲・編曲を北川勝利さんが担当しているというこんなに豪華でええんか?というくらいの良曲で鈴木みのりさんの透き通るような綺麗な歌声と高い表現力が最大限に引き出されていて、思わずウルっときてしまうような切なさがありますね。

スポンサードリンク

反対にファーストアルバム『見る前に飛べ』では、鈴木みのりさんらしさが全開となっている曲ばかりです。中でも『ヘンなことがしたい』という曲は、その曲名通り曲調がコロッコロ変わりますし声優界では前代未聞であろう鈴木みのりさんが坊主姿でMVに登場しています(笑)

 

なんでも、かっこよさや可愛さでは既存の声優・アーティストに勝てないという理由からヘンなことをして目立ちたいという思いが強かったらしく、普段の雑誌撮影でもよく変顔で撮影をしたりしてたびたび『これはアウトですね』と言われていたとか(笑)

 

しかし、そんなことを続けていくうちにセーフとアウトのラインがごっちゃになって、最終的にMVの坊主姿もOKになってしまうという… ただインパクトはめちゃくちゃありますし、それでいて高い歌唱力も持ち合わせていますので確実に聴いた人の心は射止められますね。

 

可愛い曲、かっこいい曲、切ない曲など幅広く歌い上げる鈴木さんの表現力の高さが詰まった1枚となっていますのでぜひ!

鈴木みのりは可愛いけど結婚や彼氏は?

そぢて、きになる鈴木みのりさんに関する熱愛情報ですがこれといったものはないみたいです。

 

ただ、鈴木みのりさんの名前と合わせて良く検索されていた男性声優『内田雄馬』さんの名前がありましたが、こちらに関してはデビュー作である『マクロスΔ』にて主人公のハヤテ・インメルマンとヒロインのフレイヤ・ヴィオン役として共演した経歴から検索されているものであり2人の交際関係などは一切ないと思われます。

 

マクロスΔの最終回では、2人の名シーンなどもありますのでまだ見ていない方は是非!(懐古厨からは、あまりいい評価を受けていないようですが普通に良作だと思います。)

まとめ

圧倒的歌唱力で、聴いた人の心を惹きつける新世代の歌姫鈴木みのりさんのこれからの活躍に注目です!

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事