今回は、2019年4月から放送開始のテレビアニメ『この音とまれ!』の登場キャラクターや出演声優についてご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

『この音とまれ!』は箏(こと)を題材にした音楽漫画となっており、人間関係なども含めたドラマ要素があり個人的には『四月は君の嘘』と同じくらい読んでもらいたい漫画の1つです!

 

作画も思った以上に綺麗でかなり春アニメの中でも期待できそうな1作だったので今回は、簡単な作品の説明やキャラクター紹介、担当声優などについてご紹介していきたいと思います。

【アニメ】この音とまれ!のストーリー・あらすじ

『この音とまれ!』はアミューによる日本の少年漫画で現在ジャンプスクエアにて2012年から連載されています。

 

舞台は先輩たちが全員卒業し廃部寸前となった時瀬高校箏曲部。たった一人の部員となった部長・倉田武蔵の元に本作の主人公である久遠愛、箏の家元の娘である鳳月さとわ、そして愛の友人である足立、水原、堺が入部し箏曲部は廃部の危機を脱する。

 

そんな個性豊かなメンバーが集まった箏曲部で、様々な人間関係や困難を経て成長し、全国大会優勝を目指す物語となっています。

 

題材は『箏』であるのは確かですが、それ以上に部員たちの葛藤や喜びなどの描写を重視した青春の物語という要素の方がメインであることを作者のアミューさんは語っています。

 

もう作画も綺麗だし、PVの時点で泣きそうになってしまったので、本編は感動で涙腺崩壊する予感しかしません…

マジで君嘘超えもワンチャンあるで…

スポンサードリンク

【アニメ】この音とまれ!の出演声優をキャラ別に紹介!

久遠愛(くどおちか):CV.内田雄馬

本作の主人公。時瀬高校の男子生徒で箏曲部の部員。

 

以前は不良少年だったが、中学3年の時に箏職人の祖父のところに預けられたことがきっかけで、祖父との交流を通じ更生。

 

口が悪く短気だが仲間思いな一面もある。

 

元不良というだけあって少しオラついた印象のキャラクターですが、担当の声優さんは内田雄馬さんです!お姉さんが同じく声優の内田真礼さんであることでも知られていますね!

 

代表作品としては『マクロスΔ』のハヤテ・インメルマン役や弱虫ペダルの新開悠人役などが挙げられます。

倉田武蔵(くらたたけぞう):CV.榎木淳弥

本作のもう一人の主人公。時瀬高校の男子生徒で、学年は愛の1つ上。

 

先輩が卒業後、部員1人となってしまった箏曲部を立て直すために部長として奔走する。性格は真面目で、後輩の面倒見も良い。

 

そんな武蔵くんの担当声優は、榎木淳弥さんです!代表作品としてはアイドルマスターsideMの舞田類役や個人的にはタイムリーなのでジョジョの奇妙な冒険第5部のパンナコッタ・フーゴ役などがありますね〜。

鳳月さとわ(ほうづきさとわ):CV.種崎敦美

本作のヒロイン。時瀬高校の1年生で箏曲部の部員。愛と同学年。

 

箏の家元である鳳月家の1人娘で、箏曲界では様々な受賞歴を持っている箏の天才。

 

中学生の時に家元である母とは仲違いし破門されている。

 

そんなヒロインの声優を務めるのは種崎敦美さんです!代表作としては響けユーフォニアムの鎧塚みぞれちゃん役やアイドルマスターシンデレラガールズの五十嵐響子ちゃん役などが挙げられます。

スポンサードリンク

足立実康(あだちさねやす):CV.石谷春貴

愛称はサネ。愛に喧嘩で助けてもらったことがきっかけで中学時代からの友達。ギター経験者でリズム感がいい。

 

担当声優は石谷春貴さんです。代表作としてはヒプノシスマイクの山田二郎役などが挙げられます。

水原光太(みずはらこうた):CV.井口祐一

愛称はコータ。愛の中学時代からの友達で、時瀬高校の生徒。明るく前向きなムードメーカーで、人懐こく好きな人にはすぐに抱きつく癖がある。リズム感はあまりよくない。

 

担当声優は井口祐一さんです。代表作としては『僕らはみんな河合荘』の宇佐和成役などが挙げられます。

堺通孝(さかいみちたか):CV.古川慎

愛称はみっつ。コータやサネと同様に中学時代からの愛の友達。

 

担当声優は古川慎さんです。代表作としては、ワンパンマンのサイタマ役やかぐや様は告らせないの白銀御行役などが挙げられます。

まとめ

今回は、アニメ『この音とまれ!』の出演声優さんについてご紹介させていただきました。

 

放送が楽しみです!

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事