今回はアイドルマスターsideMのピエール役やアニメ『デスマーチから始まる異世界狂想曲』で主人公のサトゥー役などを務める男性声優の堀江瞬さんについてご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

『ホリエル』の愛称で知られ、可愛らしいルックスや中性的な声、語録とまで言われるほどのポエマー気質など愛されるべき要素がたくさんおり、男性女性ファンともにたくさんいる人気の声優さんです。

 

今回は、そんな堀江瞬さんのこれまでの経歴、闇が深いと言われる学生時代の黒歴史や彼女の噂などなど色々と掘り下げてみました。

声優・堀江瞬のwiki風プロフィールと経歴紹介!

基本プロフィール

名前 堀江瞬(ほりえしゅん)
あだ名(愛称) ホリエル
誕生日(生年月日) 1993年5月25日
年齢 25歳(2019年4月現在)
出身地 大阪府
血液型 AB型
所属事務所 プロ・フィット
身長 170センチ
趣味 散歩、詩を書く
特技 速読(大嘘)

 

ちなみに特技に『速読』と書いてあるため、台本などを速読しすぐに頭の中に入れてるんだ〜などと思われがちですが、事務所所属時これといった特技がなく『披露する必要もなくて、無難なやつでも書いとこう』ということで『速読』を書いただけのようで、実際本人は速読はできないと話しています。嘘つき!!

 

そして、実は堀江瞬さん関西出身なんですよ!

 

普段は、声優としてのお仕事や東京にいることもあって物腰柔らかい口調の標準語で喋っている堀江さんばかりをみていると思いますが、実家に帰って家族と喋るときなんかは関西弁に自然と戻っちゃうみたいです(笑)

 

過去に番組内で関西弁を披露したこともありますので気になる方はぜひチェック!

スポンサードリンク

簡単な経歴

プロ・フィット声優養成所卒業。その後、プロフィットの預かり所属となる。

2017年4月より、プロフィットの準所属に昇格。

2018年には第12回声優アワードにて新人男優賞を受賞。

 

kiramune(キラミューン)のメンバーでもある。

本名や裏名とBLCDへの出演は?

堀江瞬さんの本名に関しては今の所明らかになっていません。

 

プロ・フィット所属の声優さんは意外と本名で活動している方も多いので、もしかすると芸名は使用していないのかもしれません。

 

また、BLCDなどへの出演ですがこちらは裏名を使用せず普通に『堀江瞬』の名義で出演しています。人によってはBLCDなどの成人向け作品は裏名を使用しますが、堀江瞬さんは使用していないところを見ると他に裏名は存在しないものと思われます。

出演作品には『ネコにはいぬ』や『さよなら恋人、またきて友だち』などがあります。

まぁ、BL作品などは若手の男性声優だと避けては通れない道なんですかね〜。

声優になったきっかけ

堀江瞬さんは、ゲゲゲの鬼太郎のねずみ男や新機動戦士ガンダムXのガロード・ラン役などで知られる声優の高木渉さんに感化されて、声優という仕事を目指すようになります。

堀江瞬さんが目指す理想の声優像とは、『主役よりも名脇役』的なところにあるようで、声で堀江さんだと気づかれないくらい作品に溶け込んで、エンディングのスタッフクレジットでやっと気づかれるくらいの声優を目指していると話しています。

 

堀江さん自身、やや人見知りというか過去の経歴から見ても陰キャラ要素の方が強めなので、表立って活躍するよりは縁の下の力持ちのような存在でいたいのかもしれませんね。

 

ちなみに、堀江瞬さんの地声は高めの透き通った綺麗な声なんですが、元々はそんな声がコンプレックスで『このままだと就職してもまともに働けない』『社会に出れない』とあれこれ悩んだ結果、そんな声を武器にすればいいという理由で声優を目指し始めます。

 

まぁ、『特徴的な声』って声優という職業ではとてつもない武器になりますが、普段の生活ではただただ目立ったり、イジられたりとデメリットが多いですよね。

 

もちろん、その人の周りの環境にもよるかもですが現在声優として活躍する人の中にも、昔は自分の声がコンプレックスだったという方は多いです。

 

そして、声優になりたいと思ったわけですが、ご両親からは大学まではしっかり卒業してほしいこと、声優になるにあたり経済的な援助は一切しないということを告げられます。

 

それでも、大学1年生の時にめちゃくちゃバイトをしてお金を貯め、大学の費用&生活費&声優になるための諸々のお金を稼ぎきり、大学2年生の時には養成所へ入所。1年後には見事事務所へ所属という流れになります。

 

ちなみに、アルバイトはカラオケの夜勤を週6でやっていたそうで、バイトが終わったらすぐに学校へ行くという生活をしていたみたいです。かなりストイックですねー。

スポンサードリンク

堀江瞬のポエムとは?性格はインドアで汚部屋の持ち主?

さて、そんな堀江瞬さん。可愛らしい容姿や物腰柔らかい口調などとにかくふわっとした印象が強く、女性人気も根強い声優さんの1人だと思いますが、実は意外な一面がたくさんあるんです。

性格は根暗、ホリエル爆誕

本人が自身の性格を根暗だと語っており、コミュニケーションを取るのが極端に苦手だと話しています。なので、あまりはっちゃけた人や明るすぎる陽キャ属性の人とは付き合いづらい模様… 大人数の飲み会なども天敵のようです(これはわかる)

 

そのため、学生時代は比較的孤独な生活を送っていたようで

  • FF8に出てくる鞭使いのキャラの真似をして縄跳びを振り回す
  • 意識高い系の文学系を気取り、太宰治や谷崎潤一郎の小説を読んでる俺カッケー!をアピール(なお作品の内容はよくわからなかった模様)
  • 頭の中では常に妄想。妄想世界に大天使ホリエルという存在を作り上げ、一人で何かと戦わせ続ける。(のちにホリエル は堀江さんの愛称として定着)

などなどかなり痛々しい黒歴史ばかりが発掘されています…

まぁ、中高生ってそんなもんです(笑)

北川景子にも送りつけた黒歴史時代のポエム

堀江瞬さんの黒歴史時代の悪行は上記に留まらず、なんと自作のポエムなども数々生み出しています。

 

ちなみに、中学生の頃に生み出したポエムだけをまとめた自作のポエム集『メメント・モリ』は現在も実家に保存されているようです。本人も黒歴史認定しています。

 

が、現在もポエムを作る癖は健在で堀江瞬さんのTwitterでは度々自作のポエムを披露しています。なんだかんだ、堀江さんのポエムはファンからも好評なので黒歴史とは言いつつも1つの武器みたいになっちゃってますがww

 

しかし、やばいのはここから。

自作のポエムを作り出し自己満足するだけならまだしも思いついたポエムを北川景子の公式ラインに送りつけるという暴挙に出ていたことが榎木淳弥さんとのラジオ『榎木淳弥・堀江瞬のエノホリック』にて明らかになりました。

 

当然、北川景子さんには届いてはいないんですが、全体的にやることがぶっ飛んでますよね…(笑)

また、堀江瞬さんはかなえり部屋が汚いことでも知られており、ひどい時は足場が無く、家に居たくないという理由で度々外出するなどしているようです。部屋を綺麗に片付けるという選択肢はないのだろうか…

 

そんな経緯から、他の共演している男性声優からは『汚部屋』というあだ名を付けられたこともあります。

スポンサードリンク

堀江瞬のデビュー作や代表作品・出演アニメキャラクターは?

  • デビュー作→ケイオスドラゴン赤竜戦役/革命軍兵士
  • ファンタシースターオンライン2 ジアニメーション/瓜坂セイヤ
  • アイカツスターズ!/香澄朝陽
  • プリプリちぃちゃん!!/周防大和
  • ナナマルサンバツ/越山識
  • 十二大戦/寝住
  • 代表作品→アイドルマスターsideM/ピエール
  • 代表作品→デスマーチから始まる異世界狂想曲/サトゥー、鈴木一郎
  • 同居人はひざ、時々、頭のうえ。/矢坂大翔

少し前にはアニメ『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』にて、現実世界のサラリーマン鈴木一郎と異世界に転生した姿であるサトゥーの二役を見事に演じ分けていました。

 

現実では、冴えないサラリーマンといった感じの低い声での演技でしたが、異世界のサトゥーではちょっと高めの中性的な少年ボイスでの演技をされており、堀江さんの声域の広さを実感する作品の1つとなりました。

堀江瞬の出身高校や大学は?

堀江瞬さんの大学や高校に関しては残念ながら情報がありませんでした。

 

関西出身とはいうものの、途中から愛媛県に引越ししてずっとそこへ住んでいたようなので高校に関しては愛媛県のどこかの高校だと思われます。

堀江瞬の兄弟はいる?

そして、堀江瞬さん。昔から一人遊びが好きで、根暗という性格からなんと無く一人っ子の印象があったのですが、これまでの発言でわかっている分では歳が4つ下の弟が1人いることがわかっています。

堀江瞬はイケメンだけど結婚や彼女はいる?

現在堀江さんに彼女や結婚といった情報はありませんね。

 

インドア派で、プライベートも家でゲームをしていたりということが多いようなので、そういったことに興味があるのかよくわからないところですが、人気声優ともなれば彼女の1人や2人くらいいそうではありますね…

 

こちらに関しては今後、新しい情報があり次第追加していきたいと思います。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、声優の堀江瞬さんについてご紹介させていただきました。

 

これからの活躍が楽しみです!

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事