今回は、まだデビューしてからの年数が浅いにも関わらずアイカツスターズ!の虹野ゆめ役などで人気を博している女性声優の富田美憂さんについてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

新人声優の富田美憂(とみたみゆ)って誰?wiki風プロフィールと経歴!本名や年齢は?

バンダイのアーケードゲーム『アイカツ!』。そのアニメシリーズの2作目である、『アイカツスターズ!』で主人公、虹野ゆめを演じていたのが、富田美憂(とみたみゆ)さんです。

 

富田美憂さんは、高校在学中の2015年にデビュー。

 

デビュー前の声優スカウトオーディションでは声優事務所から6社のスカウトがあるほど実力があり、さらに2018年からは歌手活動もスタートさせており

 

将来の声優業界に革新を与えているであろう実力派の声優さんです。

 

それではここで、富田美憂さんのプロフィールを見てみる事にしましょう。

基本プロフィール

名前 富田美憂(とみたみゆ)
愛称 とみー、みゆ
生年月日(誕生日) 1999年11月15日
年齢 18歳(2018年10月現在)
出身地 埼玉県
血液型 A型
身長 153センチ
所属事務所 アミューズ
性別 女性
特技・趣味 イラストを描くこと、ゲーム、空手
デビュー作 干物妹!うまるちゃん

声優になったきっかけ

富田さんは、小学生のころからアニメをよく見ていていたようです。

 

その中でも、声優の宮野真守さんが出演なさった『ヴァンパイア騎士』という作品で、宮野さん演じる錐生零の声に衝撃と共に初恋をしてしまったようで

 

物心ついた時には、『声を使う仕事がしたい』と思うようになったようです。

 

富田さんの両親も声優業界に理解をしてくれて、富田さんの声優デビューを後押ししてくださったようです。

 

中学3年生の時、両親からの勧めにより『声優アーティスト育成プログラム・セレクション』というオーディションに応募しグランプリを受賞。

 

晴れて声優としてデビューをします。

 

またそれ以外にも『アニソンスター☆誕生!(略称:アニ☆たん)』でファイナリストにも選出される等、デビュー前から業界の方々に注目されていた方だったというのが窺えます。

 

富田さんは、『自分の声にコンプレックスがあったが、宮野さんの演技や歌声にあこがれを持ち、逆にそれが自分の演技に自信となった。』と語っています。

 

なお、富田さんと同時期にデビューされたのは、『プラネット・ウィズ』で根津屋正義役を演じた、菅原慎介さんがいらっしゃいます。

スポンサードリンク

富田美憂の代表作品や出演アニメキャラは?

デビュー作は『干物妹うまるちゃん!』のタイヘイ役

富田さんは、2015年『干物妹!うまるちゃん』でデビュー。

 

声優としての道をスタートさせました。ちなみに初仕事ながら名前の付いたキャラクターを演じており、幼少期のころの土間タイヘイを演じています

 

その他は端役などでレギュラー出演をしていたようです。

代表作は『アイカツスターズ!』の虹野ゆめ

その半年後、『おしえて!ギャル子ちゃん』でメインキャラクターの一人であるオタ子を演じています。

 

そして、富田さんの名前が全国に知れ渡ったのは、2016年から2年間放送された『アイカツスターズ!』の主人公虹野ゆめだったのです。

富田美憂さんはゲームでのアイカツシリーズのファンでもあり、プライベートでもよく遊ぶと語っています。

 

虹野ゆめを演じるにあたり富田さんは

「自分は人見知りが激しく、ぐいぐい引っ張っていく性格ではない。ゆめは自分と違い、言いたいことははっきりという性格。将来自分もゆめと同じような性格になれたら。」と語っています。

 

また、オーディションに合格後、劇場版の製作もある事を製作スタッフの方に言われ、プレッシャーも感じていたようですが、2年間見事に虹野ゆめ役を全う!

 

放送終了後もキャストの方とご飯を食べたりする等、自然体でいられるのが一番良いとおっしゃっていました。

 

今後富田さんは、『となりの吸血鬼さん』で主人公ソフィー・トワイライト、『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』でカトリーヌ、『荒野のコトブキ飛行隊』でチカを、劇場版『メイドインアピス総集編』で主人公リコを演じ、これからの活躍が注目されます。

独断と偏見で選ぶ富田美憂出演のおすすめアニメ作品

1.ガブリールドロップアウト/天真=ガブリール=ホワイト

まず個人的におすすめしたい作品として『ガブリールドロップアウト』があります。

 

この作品では、富田美憂さんは主人公である天真=ガブリール=ホワイト通称ガブ役を演じています。

 

作品としては全体的にギャグアニメで何も考えずにただ笑いたいという時におすすめのアニメです。

 

物語は、天使界で優等生として育ち学校を卒業したガブが人間界に降り立つところから始まります。

しかし、ネトゲなどの人間界の娯楽に触れてしまったガブはたちまち優等生からただの引きこもりへと堕落。

 

天使としての役割を忘れ、ほぼニートのような堕天使生活を送りながらも、高校生として学校に通いそこで会う天使や悪魔の友人と繰り広げられるツッコミどころ満載のやりとりが非常に面白いです。

 

ここで注目してもらいたいのはズバリ富田美憂さんのキャラのスイッチングです。

 

作中では優等生としてのガブリール、誰にでも優しく透き通った声で誰もが憧れてしまうようなキャラクター

 

そして、堕落したガブリールは常にやる気のなさそうな怠惰でグータラなキャラクターなのですがその切り替えが見事です。

 

同じキャラクターとは思えない、本当に声だけで別の人を演じているかのようなところに声優としての腕前を感じます。

2.メイドインアビス/リコ

2つ目はメイドインアビスです。このアニメは世界観が大好きです。

続きが非常に気になる作品で、アニメで放送した1クール分以降の続きもすでに単行本で出てはいます。

 

ただ、私はどうしてもアニメで見たいというわがまま故に続きが気になっても見れない状況です(笑)

 

富田美憂さんはこのメイドインアビスでは主人公であるリコを演じます。

 

ここで見ていただきたいのは、ズバリ富田美憂さんの性格とは全く異なるリコを演じきっている点です!

 

リコは、作中でも一番好奇心が旺盛で自分が女の子であることなど全く気にしないくらいのグイグイくる感じと非常に勇気・度胸のあるキャラクターです。

 

先も話した通り、富田美憂さんは人見知りが激しく、引っ張っていく性格ではないということでしたが、リコはその正反対のキャラクターなんですよね。

 

ですが、私がアニメを見る限りでは全くリコにそんな雰囲気は感じられませんでしたし、設定通りとにかく活発でいつも周りが振り回されるようなそんな印象を受けました。

 

自分の本来の性格とは全く違うキャラクターでも、しっかりと演じ切りアニメのキャラクターに魂を吹き込むことができる。そんな演技力の高さに富田美憂さんの素晴らしさがあると思います。

富田美憂の出身高校や大学について

富田さんは2018年3月に高校を卒業しています。

 

学業と声優業、両立が大変だったと思われますが、今後は声優業や歌手業に専念なさる事と思われます。

 

特に、高校卒業後進学するなどの発表もなく、以前から進学の予定もないと言っていました。

 

また富田さんは高校時代漫画研究部に所属しており、公式ブログやTwitterでもその腕を披露する事があるようです。

 

部活でもアニメに関わる事に所属するとは、富田さんはアニメが無いと生きていけないと語るほど、才能がありますね。

 

またオフの日には、友達と一緒にカラオケやお泊り会をしている事があるようです。友達もアニメ好きが多く、アニメショップでグッズを買ったりする事もあるのだとか。

 

それから、『アイカツシスターズ!』の件でも述べましたが、仕事が終わった後も、キャストやスタッフの方との打ち上げ会等に積極的に参加されており、仕事の事やプライベートでの話を、他の声優さんやスタッフの方に相談したりもしている事が多いようです。

スポンサードリンク

特技の空手が仕事に役立っている?

富田さんは、漫画やイラストだけでなく、空手も特技の一つだと語っています。

2018年の『京都寺町三条のホームズ』でヒロインの真城葵を演じた際、公式Twitterで富田さんは、『どこを蹴られたらこう痛いとか、こう叩かれたらこういう声が出るとかが分かる』と呟いていました。

 

声優は俳優とは違い、声で演技をしなくてはいけないので、全身全霊でアテレコに臨む際には、声の幅を広げなくてはならないという、業界ならではの本音を空手に例えて呟いたことと思われます。

 

さらに富田さんは、「礼儀作法も仕事で役立っている」とも呟いていました。

富田美憂(とみたみゆ)の魅力とは

富田美憂さんは、オーディションで声優が所属する事務所6社からスカウトをもらうという実力を持っています。

 

それだけに演技が幅広いという事がうかがえたのでしょう。

 

高校生の時にデビューし、様々な経験を積んだ富田さんの実力は、さらに高くなる事と思われます。

 

また、富田美憂さんはただの声優ではなく声優アーティストになりたかったようです。

 

『アニ☆たん』に出場した事もその願望があったのかもしれません。富田さんは『歌は周りから褒められる事はあったけど、演技に自信が無かった。でも実際にオーディションで初めて演技をしてみたら芝居って楽しいんだと思った。』と感じとったようです。

 

役作りにこだわる性格

また富田さんが心がけている事の一つとして

『原作のある作品の場合は原作を読み込んで、キャラクターの考え方や行動を把握し理解しオーディションに臨む。そして合格して演技し始めたらリサーチを行い、徹底的に役に乗り込む。』と。

 

なるほど、富田さんが声優として心がけている事は、作品に対しての想いなのかもしれません。

 

どの作品でもキャラクターが生き生きと動けるようにする。そして見ている私たちやアニメ好きの大人や子供に、夢を与えられるようにする。

 

これはどの声優さんとしても同じ事が言えますが、18歳の富田さんにとっては、声優業として生きていく上での役作りで大切にしている事なのかもしれません。

歌手活動

また、声優アーティストにもなりたいと富田さんはおっしゃっていましたが、2018年8月にKleissisというユニットを組んで『Kleissis Chaos』という歌を発表しています。

 

それ以外には、キャラクターソングとしての活動が殆どであるので、声優アーティストとしての活動はこれからという事になるかもしれませんね。

富田美憂の茶髪やピアスに対する批判エピソード

高校卒業後、富田さんは髪の毛を茶色に染めまたピアスをしたという事をTwitter上で呟いていました。

 

しかし、心無い声優ファンの方が『女性声優は髪染めたりピアスあけたりでイキってる』と発言し、それが拡散されてしまったのです。

 

しかしながら富田さんはこのような持論を呟きました。

 

『私もそうだが純粋にお洒落の幅を拡げたり、見栄えのためにやっている方も多いと思うので、あんまり軽率に呟くのは良くない。私も人間なので心が傷つくので。』と。

 

確かにここ最近は、男性声優女性声優共に、アニメや洋画の吹き替えだけで無くテレビ番組やライブ等、表に出て活動する場面が多くなっているように思えます。

 

特に女性声優のアイドル化が影響しているのか、女性声優がピアスの穴を開けたり、茶髪するといったイメチェンをした場合、清純さを欠くとして、一部のファンから反発を買われる、という事態は過去にも起きて炎上する事態にもなっています。

 

他の女性声優に関しても、黒髪から明るい髪色に変わると、心無いファンの間からは「悲報」「劣化」として取り扱われがちになってしまう事が多いようです。

 

しかし、富田美憂さんのTwitterの呟きの後、ファンの方から『気にすることない。』『髪を染めたりピアスを開けたりするのは普通のこと』と援護する声が多数上がっています。職業がファンに夢を与える声優であっても、一人の女性として見てもらいたい富田さんの想いが伝わっているようですね。

スポンサードリンク

富田美憂の結婚や彼氏・熱愛情報

容姿端麗という言葉がお似合いの富田さん。デビューしてから3年。この11月で19歳となる彼女は、今後も活躍の幅を広げていく事になるでしょう。

 

しかし、ファンの間からは『顔も可愛いし、彼氏にもモテるのでは?』とか、『将来結婚する願望はあるのか?』という声がちらほら挙がっています。

 

流石にそこまで、プライベートに深く入りたくはないですが、まだデビューして間もない事もあるのでひとまずは声優業に専念することが予想されます…

現在は特に彼氏がいるといったような情報もありません。

まだ、出演作が少ないこともあり声優業界にありがちな共演男性声優との噂なんてものも聞いたことがないですね。

プライベートには深く突っ込むことをあまりせず、今後もみんなに愛される富田美憂さんを応援していきましょう。

まとめ

若干15歳にして、声優スカウトオーディションでグランプリをものに、デビューした富田美憂さん。

 

富田さんは、公式ブログやTwitterなどネット上でもプライベートや仕事の事など、ファンに伝え共感しあえるように努力しています。

 

これから様々なアニメのオーディションへ積極的に参加したり、イベント、ラジオ番組などでお仕事の幅を広げていく事でしょう。

今後の活躍も楽しみです!

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事