今回は、アニメ『ヒナまつり』の主人公であるヒナ役で初主演を飾った若手声優の田中貴子さんについてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

人気アニメで主演を張った割には、知名度がやや低めの彼女ですが今回はそんな田中貴子さんに迫ります!

 

即興作詞作曲といった特技やヒナとは全く正反対の性格などかなりインパクトの強い声優さんとなっていますのでお楽しみに。

声優・田中貴子のwiki風プロフィールと経歴

基本プロフィール

名前 田中貴子
あだ名・愛称 TT
誕生日(生年月日) 1994年10月5日
年齢 24歳(2018年12月現在)
出身地 福井県
血液型 不明
性別 女性
趣味 即興作詞作曲、ピアノ、1人ミュージカル、ジャングル動物の声真似
職業 声優
身長 154センチ
所属事務所 マウスプロモーション

 

簡単な経歴

田中貴子さんは、2015年に大阪アニメーションスクール専門学校の声優科 アニメ声優コースを卒業。その後、マウスプロモーション附属俳優養成所に入所しています。

 

そして、2017年には『AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-』にて声優デビューし、4月1日にマウスプロモーションに入所しています。

本名や年齢は?

本名に関しては、非公開?となっています。

 

ですが、現在も愛称として使われている『TT』は田中貴子(Tanaka Takako)のイニシャルから取られており、一番最初は専門学校時代(大阪アニメーションスクール)の先生につけられたのがきっかけです。

 

声優になる前からこの『田中貴子』という名前だったと考えると、現在も本名をそのまま活動名に使っている可能性が高そうです。

お友達に誕生日プレゼントでもらっていた化粧品にも『Takako』の名前が彫られていましたのでおそらく本名でしょう。

年齢は、2018年12月現在で24歳ということでまだまだ駆け出しの新人さんです!

スポンサードリンク

田中貴子のデビュー作や出演アニメとキャラクター一覧

デビュー作はAKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-

田中貴子さんのデビュー作は2017年に放送されたアニメ『AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-』です。キャラとしては、メインキャラではなく複数のモブキャラのみです。

初主演はヒナまつりのヒナ

そして、代表作兼初主演作といえば2018年の春に放送されたアニメ『ヒナまつり』の主人公・ヒナ役です。

 

このアニメは、未来から飛ばされてきた念動力使いの女の子ヒナが、地球にやってきて日本でヤクザをしている新田のところへ転がり込み半ば無理やり居候をする的なアニメです。

 

サイキック少女×インテリヤクザの同居生活という今までの漫画では見られなかった組み合わせのギャグ漫画となっています。

 

とにかく、ギャグ漫画としての面白さはピカイチで18年の春アニメの中では個人的にはトップでしたね…

 

口数少なく無表情、感情のないシュールな感じのヒナとそれに対して冷静に突っ込む新田の組み合わせが最高です。

 

初主演で、かなり田中貴子さんの知名度が広まった作品ではあると思うのですが、同時にこの無感情キャラが田中貴子さんの性格そのものと思われてしまいがちです。

 

しかし、実際の田中貴子さんは声もヒナより高くて可愛らしいですし、ノリも良くボケたりとかなりヒナとは正反対の性格の声優さんとなっています。

 

原作では高校生編まで連載していますが、アニメでは中学生編の終わりで切れてしまったので2期に期待ですね!

 

ちなみにヒナの大好物はいくら、いくら丼などとにかくイクラが好きな女の子なのですが、田中貴子さん本人はいくらが苦手なようです。

ISLAND/砂田笑里

他にも、元ネタがPCゲーム発のアニメ『ISLAND』にも出演しており、アニメ版オリジナルキャラクターの1人である『砂田笑う里』役を演じています。

スポンサードリンク

キングスレイド/オペリア

ゲームでは、2016年にリリースされたアプリゲームの『キングスレイド』にもオペリア役で出演しています。

 

キングスレイドに関しては、同じくカラ役を演じる声優の山本希望さんと『山本希望・田中貴子のKING'S RAID"IO"!』を現在もやっており、文化放送でのリアルタイム視聴やアーカイブもYouTubeチャンネルに残されていますのでぜひ確認して見てください。

 

破天荒な田中貴子さんのボケとその勢いにツッコミが間に合わない先輩・山本希望さんの面白コンビが見れますのでぜひ!

 

第1回を載せておきますね。

田中貴子さんの即興作曲センスはピカイチ?

さて、田中貴子さんといえば特技のうちの一つに『即興作詞作曲』というものがあります。

 

なんでも、10秒あれば作詞作曲ができるというすごい特技…

 

街とかを歩いていると、自然と街の音を鼻歌で歌っていたりと、生粋の音楽好きのようです。

 

以前は自身のTwitter(ツイッター)にて『パンが落ちてたよ』というタイトルの曲を投稿していました。

 

動画では“リボンの付いたピンクのパンツ”を映しつつ愛らしい声で自作曲を歌っています。作曲センスに関しては、実際に自分の耳で聴いて判断してください(笑)

 

即興にしては、リズム感のあるな〜と思いますが、山本希望さんとやっているラジオの企画内で、即興作詞作曲対決した際には山本希望さんに完敗していました…

ちなみに、田中貴子さんは小さい頃ピアノをやっていたようで10年間のピアノ経験があります。

 

本人はあまり上達しなかったと話していましたが、いうてリズム感は養われているということでしょう!

田中貴子の身長は?

田中貴子さんの身長は、本人曰く154センチということで平均と比べるとかなり低めとなっています。

 

実際、一緒にラジオをしている山本希望さん(身長160センチ)と比べても一回り小さいです。

本人的にはコンプレックスかもしれませんが、男性視点だと小動物感があってむしろ可愛らしいですけどね^^

スポンサードリンク

田中貴子の性格はズボラすぎる!?

さて、そんな田中貴子さんですがヒナまつりのヒナのキャラとはほぼ正反対明るく元気で、ボケも積極的にやるような可愛いキャラです。

どんなキャラかは、実際にヒナまつり放送記念SPを見ていただければわかると思います(笑)

かなり明るくフレッシュな性格ではあるんですが、私生活ではどうやらほぼヒナのようなグータラの生活であると本人が話されていました。

 

まず休日の過ごし方は

 

寝る→起きる→飯→寝る→アニメ・外画を観る→寝る

 

自身の性格も『ひも女』と言っちゃってます(笑)

 

また、何より部屋の片付けができないようでとにかく部屋に物が多いことは当たり前で、さらに一時期はケセランパサランのようなカビ的なものまで部屋に発生していたとかラジオで語られていました。

 

また、食べ物も開封してから数日経ったものを普通に食べたり、飲み物は冷蔵庫に入れないこともあったりとあまり衛生面は神経質な性格ではないようですね。

 

最近は、潔癖の人とか普通に多いですから、田中貴子さんくらいの衛生管理レベルだと無理だという人も多いかもしれませんねw

まとめ

今回は、ヒナまつりのヒナ役で話題になった声優の田中貴子さんについてご紹介しました。

 

まだ、出演作が少なく目立っていませんがこれからはもっと本人と同じように明るく元気なメインキャラを演じてくれることを期待しています!

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事