今回は、のんのんびよりの『にゃんぱすー』でおなじみ宮内れんげちゃんの声優を務めていたことで知られる、小岩井ことりさんについてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

実は、小岩井ことりさん現在声優として大きく目立った代表作に関してはあまり見られないものの、実は作詞作曲やアーティストとしての活動など音楽方面に関してはかなり活動の幅を広げています!

 

歌って踊れる人はいても、自分で作曲までする人はかなり珍しいですよね!今回は、そんな異色の経歴を持つ声優・小岩井ことりさんについて色々と調べて見ました。

声優・小岩井ことりのwiki風プロフィールと経歴

名前 小岩井ことり(こいわいことり)
あだ名(愛称) こっこちゃん
誕生日(生年月日) 1990年2月15日
年齢 29歳(2019年2月現在)
出身地 京都府京都市
血液型 A型
所属事務所 ピアレスガーベラ
特技・趣味 釣り、作詞作曲、DTM
性別 女性
職業 声優
身長 165センチ

 

簡単な経歴

小さい頃から、おばあちゃんに連れられてカラオケ喫茶によく行っており、2歳の頃から演歌を歌っていた。

4歳の頃に、ピアノを習い始める。

中学生時代に、絵本や小説を趣味で書き始める。

高校のクラスメイトの姉から頼まれメイクモデルを務める。

メイクモデルの話をきっかけに企業VTRのナレーションの依頼が来る。

高校卒業後、本格的に声優を目指すためにナレーションの仕事を増やしていく。

2011年、アニメ『青の祓魔師』にてアニメ声優デビューする。

 

こうしてみると、かなり音楽や創作に特化した子供時代を過ごしていますね。

声優になったきっかけ

小岩井ことりさんは小さい頃にアニメ『ポケットモンスター』に出てくるピカチュウが、鳴き声だけで感情を表現することに感動し、声優という職業に憧れるようになります。

 

ポケモンは現在も放送中の人気アニメですね。サトシの相棒であるピカチュウですが、ただ戦うだけでなく怒ったり悲しんでり、喜んだり言葉で喋らなくても表情と鳴き声だけで自然と何を考えているのかは分かってしまいます。

 

そういったところを子供ながらに見抜いて、声優を目指したわけですね。(ちなみにピカチュウの声優さんは、ガッシュベルやワンピースのチョッパー役も務める大谷育江さんです)

スポンサードリンク

本名や年齢は?

小岩井ことりさんは、本名・年齢ともに非公開となっています。

 

本名に関しては現在も明らかになっていないものの、年齢に関しては2019年2月28日現在で29歳と言うことが分かっています。

 

年齢に関してはちょっと驚きですね。小岩井ことりさんは、見た目がかなり若々しいでし顔も童顔の部類だと思うので、もっと20代半ばくらいかと思っていたのですが…

しゃべりや声の落ち着き方的には、かなり大人っぽいので実年齢に関してはそこあたりでしか判断できなさそうです(笑)

小岩井ことりのデビュー作や代表作品・出演アニメキャラクター

デビュー作は青の祓魔師/吉国

小岩井ことりさんのアニメデビュー作品は青の祓魔師に登場する吉国というキャラクターです。

 

このキャラクターは原作には登場しないアニメオリジナルキャラクターとなっており、追加されたアニオリエピソードにん登場する主要人物となる刀鍛冶の少女役となっています。

初のメインキャラクターはじょしらく/波浪浮亭木胡桃

また、テレビアニメ『じょしらく』では波浪浮亭木胡桃役を務めています。

 

まずこの名前の読み方、初見だと9割がたは読めないと思うのですが『はろうきてい きぐるみ』と読みます(笑)

 

このキャラクターは、見た目と声こそロリキャラで可愛らしい印象がありますが、内心では不満を毒づいており、表での可愛らしい演技と裏での小岩井ことりさんの超低音ボイスのギャップが癖になるキャラクターとなっています。

アイドルマスター ミリオンライブ/天空橋朋花

また小岩井ことりさんはアイマス声優としての一面もあり、アイドルマスターミリオンライブに登場する天空橋朋花というアイドルの声を担当しています。

 

ファンのことを子豚ちゃんと呼び、自分を好きでいてくれる人全員が争わず、等しく愛を与えるためにアイドルになったというちょっと変わった動機の女の子です。

常に冷静で落ち着いた口調、笑顔と余裕を見せておりかなり大人びた様子はありますが実際の年齢は15歳です(笑)

スポンサードリンク

代表作はのんのんびより/宮内れんげ

そして、小岩井ことりさんといえばやはり外せないのがのんのんびよりの宮内れんげちゃんですね!

 

れんげちゃんの口癖とも言える『にゃんぱすー』は、意味のわからない言葉ではあるもののアニメ放送当時はアニオタ界隈で挨拶としてとても流行りましたよね〜。

 

のんのんびより自体は、田舎の学校に通う生徒たちの日常を舞台にした超ほのぼの系アニメなので、今でも全然楽しく見れると思います!(それにしてもあのアニメもが放送されたのも2013年とか… 時間の流れ早すぎる)

 

そのほかには以下のような出演作品があります

  • クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ/クリネア・マキア
  • ガッチャマン クラウズ/宮うつつ
  • 断裁分離のクライムエッジ/武者小路祝
  • アイカツ!/大地のの
  • ぱすてるメモリーズ/六郷沙織
  • グランブルファンタジー/ダエッタ、ミニゴブリンメイジ
  • チェインクロニクル〜ヘクセイタスの閃〜/ユリアナ

小岩井ことりは天才作詞作曲家?音楽家としての活動は?

そして、小岩井ことりさんといえば今注目されているのは音楽業界での活動です!

 

DTMを用いた楽曲制作をしていることで有名ですね。

 

ちなみにDTMと言うのは、デスクトップミュージック(Desk Top Music)の略で本来、楽曲制作をするにあたってそれぞれの楽器の演奏などが全て合わさって構成されると思うのですが、それらを全てPC上で作ることができる技術のことです。

 

なので、楽器ができる人はもちろん演奏経験がない人でも、自由に楽曲を作ることができるんですね。

 

とは言っても、小岩井ことりさんは音楽に関する知識に関してはかなり豊富なようでMIDI検定は1級・2級をすでに取得し、声優として生きていく上で自分の声の特徴、声質などを調べるために音の周波数分析なども行い、音楽にこと関しては声優業界でも屈指の知識と経験を持っているものと思われます。(ちなみに、音の音色って言うのはその振動が含む周波数成分の割割合などによって変わってきます。)

 

色々な声優さんの声の周波数分析とかすれば、どの声優とどの声優の声質が似ているとかが数値的にわかると思うので面白そうですね。(暇なときにでもやってみますw)

 

実際、その作詞作曲の才能は生かされており、知り合いから楽曲制作を頼まれたり2011年には声優の田中理恵さんへファンクラブ限定の楽曲なども提供しています。

 

またTBSラジオにて流れる『ジングル』の作詞作曲・編曲に歌唱なども担当しています。完全に趣味の域を超えて、お仕事として楽曲制作をしているんですね〜。

 

ちなみに、DTMをするにあたり色々と機材だの小難しいことがたくさんありますが、小岩井ことりさんは学生時代にネットゲームをやると言った理由でそういった機材や自作PCなどの知識も身につけているためオーディオ機器、また後ほど紹介するイヤホンやヘッドホンに関しては並外れた知識を持っています。

アイマスの作曲もしている

また、自身が出演している『アイドルマスターミリオンライブ!』でも、作詞作曲を行なっており2018年4月に自身が演じる天空橋朋花のソロ曲である『sister』にて作詞作曲家としてのデビューも果たしています。

 

自分で作った曲を自分で歌うという、他では類を見ない自己完結なものとなっていますが、それだけ小岩井ことりさんが多彩であるということの表れでもありますね。

また、2017年にはミリオンライブで共演した原嶋あかりさんがボーカルを務めるユニット『chocoNekoβ』の『inner wave』の作詞作曲も行なっています。

スポンサードリンク

どちらの曲も聴いていただければ分かりますが、かなりかっこいい曲に仕上がっています!!私も、そこまで音楽評論家というほど詳しくはないですが全く違和感なく売り物として成り立つレベルのクオリティだと思います。

メタルバンドやDJとしての活動

現在は『BLOOD STAIN CHILD』という海外で人気のメタルバンドのギター担当であるRYUさんと2人で『Dual Alter Wordl(DAW)』というメタルバンドを結成し、活動を開始しています。

 

2019年にはFABTONEからCDアルバムのリリースも決定しております。

 

また、歌手の上野優華さんとは『ゆう*こと』の名前でユニットを結成し2019年のポタフェス出演決定とともに、イメージアーティストにも決定しています。

その他豆知識

ダイビングのライセンスを持っている

基本的にはインドア派だが趣味は釣り

スリーサイズはB90-W58-H86の胸のサイズはEカップ

髪の毛はひざ下まで伸びておりかなりの挑発&綺麗な黒髪は一度も染めたことがない

小岩井ことりはイヤホン・ヘッドホンガチ勢

そして、小岩井ことりさんといえば作詞作曲等の音楽つながりで、イヤホンやヘッドホンに関しては相当な知識と経験を持っています。

 

そのため、オーディオ関連のメーカーからは数多くの取材や宣伝の依頼が来ていますね。こちらに関しては、ネットで調べてもらえばたくさんの商品レビューをしていますので検索して見てください。

 

ちなみに、こういった経験の多さから数多くの女性声優が新しいイヤホンやヘッドホンの購入を検討する際小岩井ことりさんに相談してオススメの商品を見繕ってもらっているようです(笑)

 

作曲する上で、音は非常に大事ですからその分こういった部分には力を入れるみたいですね。これまでに、様々な種類のイヤホン・ヘッドホンを購入し使っているようで現在の手持ちだけでも合計で20個は軽く超えていると話していました。

 

モニター用、リスニング用、外出用と用途ごとに使い分けているらしく普段使いにはAppleのEarPodsを使っていると話していました。僕も使ってますが、コードレスでランニングとかにも使えて便利なんですよね♪

 

楽曲制作の際に使用している機材に関しては、かなり用途ごとに分かれているようでこちらに関しては彼女のTwitterやブログ等で紹介されていますので詳細の気になる方はそちらをチェックして見てください。

スポンサードリンク

まとめ

今回は声優の小岩井ことりさんについてご紹介させていただきました。

 

現在は、音楽活動にかなり力を入れているようで今後もユニット活動を中心に小岩井ことりさんの楽曲が楽しめると思いますので非常に楽しみですね!

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事