今回はかわいいと評判の高い木戸衣吹さんを紹介します。

スポンサードリンク

現在はそのままアイドルでデビューできるほどのルックスを持った女性声優が多く、木戸衣吹さんもそんな魅力的な外見をした声優です。

 

そんな木戸衣吹さんを放っておくわけがなく、声優と並行して歌手活動も精力的に行っています。

 

これから更に飛躍することが期待できる木戸衣吹さんについて紹介しましょう。

声優・歌手の木戸衣吹のwiki風プロフィールと経歴

木戸衣吹さんの基本プロフィールです。

本名 木戸衣吹(きど いぶき)
誕生日 1997年11月14日
年齢 21歳(2018年11月誕生日時点)
出身地 青森県青森市
血液型 A型
身長 156cm
所属 ホリプロ インターナショナル
愛称 いぶきんぐ
特技 耳掃除
家族 両親と兄

本名や年齢は?

木戸衣吹さんの名前は芸名ではなく本名であり、女性では珍しい名前になっています。

 

名前の由来についてはよくわかっていませんが、青森県青森市には「伊吹」という地名があり、そこから来ている可能性もあります。

 

年齢は今年で21歳と新人声優の部類に入りますが、既に多くのアニメ作品に出演を果たしていて認知度は高いと言えるでしょう。

 

とても若いのですが現在の事務所に所属したのは14歳の中学生からであり、高校は青森県から上京して東京都内の高校に進学しています。

声優を目指したきっかけは?

木戸衣吹さんが声優に興味を持ったのは小学四年生からであり、「しゅごキャラ!」で水樹奈々さんが演じた「ほしな歌唄(ほしな うたう)」を見たからです。

 

水樹奈々さんはNHK紅白歌合戦にも出場するほど有名な歌手ですが、アニメ作品でも「NARUTO-ナルト-」の「日向ヒナタ」や「魔法少女リリカルなのは」の「フェイト・テスタロッサ」を演じています。

 

「ほしな歌唄」に強い興味を持ったのは、このキャラの特徴に兄がとても好きだということが自分に重なったためで、木戸衣吹さんは今でも実兄と食事を一緒に行うほど好きだそうです。

スポンサードリンク

木戸衣吹の代表作や出演アニメは?

木戸衣吹さんは今年で21歳と若いのですが、デビューしたのが早かったので既に多くの作品に出演しています。

木戸衣吹のデビュー作は?

木戸衣吹さんのデビュー作は「アマガミSS+ plus」でのモブキャラです。

 

この作品は最初はプレイステーション用ゲームで発売された「アマガミ」のテレビアニメ版であり、ゲームの分類は恋愛シミュレーションになっています。

 

テレビアニメ版でも同じように主人公の「橘純一」が、憧れている先輩の「森島はるか」と数々のイベントを行って恋愛を成就するというものです。

 

木戸衣吹さんは学園祭を行う実行委員の女子生徒役で出演していて、名前もありませんでした。

主な出演作

2012年

アマガミSS+ plus(モブキャラ)

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(姫小路秋子)

2013年

帰宅部活動記録(安藤夏希)

ゴールデンタイム(岡千波)

2014年

お姉ちゃんが来た(藤崎美奈)

彼女がフラグをおられたら(菜波・K・プレードフィールド)

東京ESP(漆葉リンカ)

pupa(長谷川夢)

2015年

ISUCA(島津朔邪)

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER(真賀田四季)

レーカン!(天海響)

2016年

大家さんは思春期!(植野真由)

ばくおん!!(中野千雨)

パンでPeace!(谷みなみ)

2017年

にゃんこデイズ(まー)

エロマンガ先生(神野めぐみ)

2018年

アイカツフレンズ!(湊みお)

おにいちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(姫小路秋子)

この作品は離れ離れになった兄と妹が再開し、実の兄だとわかっていても一人の男性としか見れなくなったという「お兄ちゃんラブ」の妹を演じています。

 

デビューして翌年に主人公役に抜擢されて注目を浴びた作品であり、その人気の高さから木戸衣吹さんの代表作になりました。

 

この頃はライトノベルが原作になっているアニメが多数放送されていて、「妹」というキーワードを持った作品が多く作られています。

 

姫小路秋子(ひめこうじ あきこ)というキャラは実の兄を恋人のようにしか見られないため、おかしな行動をしてしまうコメディタッチの動きをします。

 

このようなキャラは声質を変えたり叫んだりするセリフが多いのですが、その全てを柔軟に対応しているので、声優の養成所に所属していないのにとてもうまいと言えます。

帰宅部活動記録(安藤夏希)

「帰宅部活動記録」は女子高生が部に所属せずに「帰宅部」になる日常を描いていて、木戸衣吹さんが演じたのは新入生の安藤夏希(あんどう なつき)です。

 

「帰宅部」というのは学校が終わるとすぐに帰る生徒のことですが、その行動そのものを部活にしてしまうという意外性を持っています。

 

内容的には「けいおん!」のような女子高生の日常を淡々と描いているだけで、日常アニメの王道を進んでいる作品になっています。

 

この作品の主要な女性キャラの名前は食べ物がモチーフになっていて、安藤夏希は「あんドーナツ」、塔野花梨(とうの かりん)は「かりんとう」というようになっています。

レーカン!(天海響)

この作品名の「レーカン」とは「霊感」のことであり、強い霊能力を持っている女子高生が自分の周囲に出現する霊と出会うというものです。

 

主人公は天海響(あまみ ひびき)という転校生の黒髪長髪美少女であり、霊が見える以外は普通の女子高生で高校生活を送るという内容になっています。

 

木戸衣吹さんとキャラの年齢が近いということもあり、違和感なく自然に聞くことができる声質に木戸衣吹さんのハマリ役と言われている作品です。

 

霊が出現する作品はバトル物が多いのですが、この「レーカン!」は霊と戦うというようなものではなく、学園アニメの中に霊がいると考えるといいでしょう。

 

ただ木戸衣吹さん自身は苦手なものとしてお化けを挙げていて、あまりおどろおどろしい霊ではないので良かったのですが、苦手な部類の作品だったかもしれません。

アイカツフレンズ!(湊みお)

この作品は「アイカツシリーズ」の第三作目になり、木戸衣吹さんは人気シリーズ作品で主役クラスの湊みお(みなと みお)役を演じています。

 

「アイカツ」は元々はカードゲームでしたが、それを女児向けにアニメ化したのが「アイカツシリーズ」になっています。

 

声優のメインキャストには名子役で有名だった美山加恋さんもいて、どのような声優としての演技を見せるのかも楽しみなところです。

 

木戸衣吹さんは「レーカン!」のような大人しい女の子のキャラよりも、コミカルで元気いっぱいの女の子を演じることが多く、この「アイカツフレンズ!」でもツッコミ役のキャラとなっています。

スポンサードリンク

木戸衣吹の歌手活動は?

木戸衣吹さんはホリプロに所属していて、このプロダクションは歌手活動を積極的に行う事務所なので、木戸衣吹さんも声優と並行して歌手活動を行っています。

 

木戸衣吹さんの歌手活動は、どのような内容で行っているのでしょうか。

Anisong Ichiban!!presented by HoriPro

木戸衣吹さんは2013年10月から事務所の同期の女性声優とユニットを組んでいて、AKIBAカルチャー劇場でアニメソングとゲームソングのカバーライブのイベントを行っています。

 

メンバーは田所あずささん、大橋彩香さん、山崎エリイさん、Machicoさんと木戸衣吹さんであり、定期的に開催して好評を得ています。

 

単なるカバーライブではなくダンスやショーの構成もしっかりしていて、とても見ごたえがあるという声があり、現在は地方の他の地域でも行っているほどです。

 

声優というのは発声練習を日ごろから行っているので歌唱力があり、しかもホリプロという今までアイドル歌手を多数輩出しているところなのでノウハウを持っています。

 

そのために作り方や構成がうまく、しかもメンバー全員がチャーミングで魅力的なので人気が出るのは当然だったでしょう。

every♥ing!

「Anisong Ichiban!!presented by HoriPro」は既存の曲をカバーするグループ活動をしていますが、山崎エリイさんと木戸衣吹さんはCDデビューをしています。

 

2014年にキングレコードから「カラフル ストーリー」という曲でアーティストデビューしていて、当初は高校生の間だけの期間限定ユニットでした。

 

しかし人気が出てきてファンからの強い要望でその期間が延長されましたが、残念なことに二人が20歳になる時点で活動休止しています。

 

二人の最期のコンサートは2017年11月26日の中野サンプラザで、デビュー曲の「カラフル ストーリー」など自身の曲を歌って有終の美を飾りました。

 

ユニットでの活動は終了しましたがキャラソンなどは出していて、歌手と声優のどちらも継続して行っています。

スポンサードリンク

木戸衣吹の出身高校と大学は?

木戸衣吹さんは中学までは出身地の青森県にいて、ホリプロのスカウトキャラバンの「次世代声優アーティストオーディション」でファイナリストになってホリプロに所属するために上京しました。

 

そのため高校は東京の日出高校に入っていて、この学校はホリプロに近い場所にあり、ホリプロに所属する地方出身者はこの学校によく入っています。

 

高校生から本格的に芸能活動を開始していて、芸能活動を中心にしているので大学には進学していません。

 

歌手活動で地方に出向くことが多くなったため、学生を続けていると学業に専念しにくいと考えて進学しなかった可能性が高いでしょう。

木戸衣吹の彼氏や結婚は?

木戸衣吹さんは青森県から上京して、そのままホリプロの女子寮に入寮しています。

 

このホリプロの女子寮は所属タレントが20歳になるまでは住むことができ、入寮の条件の一つに恋愛禁止があります。

 

芸能プロダクションの寮に入る所属タレントは恋愛禁止の場合が多く、木戸衣吹さんもその決まりを守っているので当然に彼氏はいません。

 

彼氏がいないのですから結婚もしていませんが、20歳を過ぎると自分で部屋を探し住むむことが可能になるため、寮を出たら彼氏を見つけるかもしれませんね。

 

ただ木戸衣吹さんは元々が東京出身ではなく、自分の性格が引っ込み思案だと言っていることから、特定の彼氏が出現するのはまだ先の話でしょう。

木戸衣吹とタバコとの関係は?

木戸衣吹さんをネットで検索すると「タバコ」や「喫煙」というキーワードがよく出ますが、どのような関係があるのでしょうか。

 

この真相は木戸衣吹さんが女性友達と焼肉店に行った時の写真がツイッターでアップした時、その写真の真ん中にモザイクがかかっており、皿が少しだけ見えていたことから『もしかして灰皿じゃないか?タバコを吸っているんじゃないか?』と噂になったことが原因です。

 

ちなみに実際にアップした写真がこちらになります。確かに皿っぽいものは見えますね。

ただ、後日一緒に木戸衣吹さんと一緒に焼肉に行った田所あずささんも同じ写真をブログにてアップしており、その写真はモザイクがかかっておらず、下の画像のようにただのお皿で灰皿ではないことが判明しました。

おそらく、食事の済んだ食器は進んで人に見せるようなものではありませんから、木戸さんなりに配慮してモザイクを掛けたんでしょうが、逆に誤解を招いてしまったようですね。

 

ということでこの画像による、木戸衣吹さんの喫煙者疑惑は0ということになりました。

(灰皿の内容に関して訂正のコメントを頂きました。ありがとうございます。)

スポンサードリンク

木戸衣吹の評価が低いとされる理由は?

木戸衣吹さんは出演した作品のほとんどで主役や主要なキャラを演じていますが、検索すると声優としての評価が低いと出る場合が多くなっています。

 

しかし声優の技術そのものは、「レーカン!」や「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」の真賀田四季(まかだ しき)のように高評価を誇っています。

 

特にこの真賀田四季というキャラの年齢は29歳であり、ミステリアスで神秘的な自分の年齢よりも一回り上の役の声を見事に演じ切ってうまいのは間違いありません。

 

残念なのは「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」以外は、作品そのものの評価が低かったということです。

 

20代になったばかりですが多くの作品に出ていて、それが全て声質とキャラがよく合っているという声が多いので、後はいい作品に出会うということだけでしょう。

まとめ

木戸衣吹さんはデビューした当時こそ声優タレントで芸能界入りしたので多くのアニメ作品に出ていますが、これからはタレントとしての活動が増えていくと言えるでしょう。

 

ホリプロが「次世代声優オーディション」で選んだタレントには山崎エリイさんもいて、やはり同じように声優もしながらタレント活動も充実させています

 

ホリプロは近年になって声優での活動も行うようになりましたが、本来はアイドル歌手や女優などの活動をメインにしているプロダクションです。

 

木戸衣吹さんもビジュアルを中心に行動する可能性がありますが、あれだけの技術を持っているのですから、もっと多くの作品を見たいというのが率直な感想です。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事