本記事では、ゲーマーズの『星ノ守千秋』役や多田くんは恋をしないの『テレサ・ワーグーー』役などデビューからわずか2年しか経っていないにも関わらずメインキャラを数多く演じている女性声優の『石見舞菜香(いわみまなか)』さんについてご紹介します。

スポンサードリンク

石見舞菜香って誰?wiki風プロフィールと経歴

基本プロフィール

名前 石見舞菜香(いわみまなか)
生年月日(誕生日) 1998年4月30日
年齢 20歳(2018年10月現在)
出身地 埼玉県
血液型 O型
所属事務所 プロ・フィット(準所属)
好きなもの 動物

本名や年齢について

声優さんの場合は、そのまま本名で活動している人もいれば別名の人もいます。

 

石見舞菜香さんは一見本名のようですが、どちらかは定かではないですね。

 

ただ、以前に『ゲーマーズ』の『不意打ちハッピーエンド記念生放送』にて冒頭自己紹介の際に『星ノ守千秋役のよよ…』と言いかけて自然な流れで『石見舞菜香です』と繋いでいました。(生配信はニコ●コ動画にあるかも)

 

映像から見ても、めちゃくちゃ緊張していた様子だったのでもしかすると誤って本名を言いかけたのか、それともただ上手く言葉が出てこなかったのか…

 

ただ、可能性があるとすれば本名は『よ●●●●●』なのかもしれませんね。

 

『まなか』ぐらいは本名な気がしますが。

 

それにしても、個人的に『石見(いわみ)』はどうしても『いわ』というワードがごついイメージを湧かせてしまうのでもうちょい可愛い名字でもよかったかなと思います(笑)

 

ちなみに現在の年齢は20歳です。(2018年10月現在)

簡単な経歴

声優を目指したきっかけは中学の頃に観た「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」でヒロイン・めんま役を務めた茅野愛衣さんの演技に心を打たれ、声で人の心を動かせる人になりたいと思い目指し始めたそうです。

あの作品で心動かない人はいないですね。何回見ても泣けます。

 

あの花というとアニメは2011年に放送されているわけでまあまあ古い部類ではあります。

 

ですが、中学時代にあの花を見て育った世代が今や声優として活躍していると思うと、時代の移り変わりを感じますね。

 

ちなみに『声優』という職業自体を知ったのは「デュラララ!!」がきっかけだったそうです。

 

しかし、滑舌が悪かったため他人より早く勉強しなければプロの声優にはなれないと考えたそうで「養成所に行けないなら高校に行かない」と反対する両親に反抗し説得したらしいです。

 

まるで駄駄を捏ねる子供のようですよね(笑)

 

なかなか、頑固というか本当に声優になりたいという意思がかなり強かったことがここからわかります。

 

しかし、そういう考え方ができることはすごいです。

 

アニメブームが起きて“声優”という職業が注目され声優を目指す人や声優になりたいと思う人が爆発的に多くなり、その中で誰にでも出来る!なれる!と思う人が多い中、滑舌が悪いから他人より早く勉強しなきゃとかそうじゃないとプロにはなれないと思って声優養成所に通ったりすることってすごいと思うんです。

 

声優業という仕事を軽視する人は未だに多いのにそこまで考えて親を説得するのはすごく本気なんだなというのが伝わってきます。

 

そして、2018年に公開された映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」で主役のマキアを獲得し、同作品で憧れの茅野愛衣さんとの共演を果たしています。(抜擢が決定したのは2016年です。)

 

同作の主役はオーディションで獲得したそうです。ちなみに茅野愛衣さんの役はマキアの親友・レイリアです。

スポンサードリンク

石見舞菜香の出身高校や大学について

石見舞菜香さんの高校や大学についての情報はありませんでした。

 

ただ、石見舞菜香さんの出身は埼玉県ですが、プロ・フィット養成所は東京にあるので通いやすいところに通っていたのではないかと言われています。

 

大学に関しては高校よりも情報がなく、行っていたのか定かではありません。

石見舞菜香のデビュー作品や出演アニメキャラ

デビュー作は逆転オセロニア?

石見舞菜香さんの声優デビューは2016年となってはいるものの、アニメや映画などの出演はなかったようです。

 

唯一、2016年に出演していたものは現在も大人気のゲームアプリ『逆転オセロニア』のラドラというキャラクターでした。

 

ゲームでも結構強いようで、声も聞いて見ましたがデビュー元年とは思えない違和感のなさで普通に可愛い声でした♪

 

意外と1年目は慣れないことも多いので、棒読み気味だったり違和感のある方も多いんですが石見舞菜香さんはそんなことはなかったようです。

 

翌年2017年からは、メインキャラも数本含めいきなり16本ものアニメにも出演していますので、特に駆け出しの頃のスランプのようなものはなかったのかも知れませんね。

月がきれい/宮本心咲

女子のリーダー的存在でテニス部の幽霊部員。

立場が強く勝気な性格をしている。その反面、素直で押しに弱い。

ゲーマーズ!/星ノ守千秋

本作のサブヒロイン。

極度の人見知りで口下手、とにかく『ですです』『はいー』などボキャブラリーに乏しいです(笑)

 

ゲームプレイするのはもちろんだが、自らフリーゲームを制作している。

 

主人公・雨宮景太とは同じゲーム好きで好みやプレイスタイルはほぼ完全一致しているが「萌え」に関しては正反対のスタンスなためそこの部分だけ互いに天敵としている。

 

石見舞菜香さん出演の初期作品でかつ、印象に残っている作品といえばゲーマーズでしょう。

クジラの子らは砂上に歌う/リコス

泥クジラに漂着した廃墟船で主人公・チャクロが見つけた少女。

人間の感情を吸収し食べる「ヌース・リコス」により感情を失っていたが、「ヌース・リコス」から離れたことで感情を取り戻していく。

多田くんは恋をしない/テレサ・ワーグナー

本作のヒロイン。ヨーロッパ・ラルセンブルクから日本にやって来た留学生。

流暢に日本語を話すが、時代劇の大ファンであるためか侍言葉を使ってしまうことがある。

 

最近の石見舞菜香さん出演作品だと、一番はこれですね。

 

多田恋はオープニングを私が個人的に好きなオーイシマサヨシさんの『オトモダチフィルム』、エンディングをテレサ(石見舞菜香さん)の『ラブソング』と主題歌が神がかっています。

 

可愛く透き通った声で放たれる侍言葉はまじでやばいので必聴です!!

 

主役は中村悠一さん、主題歌はオーイシさん、制作会社は動画工房と『月刊少女野崎くん』と重なる点が多すぎるので野崎くんが好きだった方にはオススメしたい作品です。

URAHARA/綿紬ことこ

好きなファッションはプレッピー。

普段はおっとりしている。好奇心旺盛でかつ、知識豊富なためレシピの開発やマシンの発明をこなす。そのため研究者気質。

夢中になると周りが見えなくなるタイプで、話が長くなりがちな自分といてくれるりと・まりが大好き。

スポンサードリンク

石見舞菜香の声質や歌唱力・演技力について

声質

声質は大人しく、やさしいです。石見舞菜香さんは地声とキャラ声があまり変わらないのかなと思います。

 

ただ、キャラによって表現を変えてらっしゃるのでそこで声が変わったように聴こえることがあります。

 

それは基本どの声優さんもそうなのですが、個人的な印象として表現力の高い新人声優さんってあまりいない気がするんです。石見舞菜香さんの強みはそこだと思います。

 

新人だけど、表現力が高い。努力のたまものですね。

 

公式サイトにサンプルボイスが公開されているのですが、そこで様々なキャラで声をされています。

 

最初は自己紹介なので地声なのですが、その後女の子や男の子、動物、などをされていて全て声色が変わっているように聴こえるのですごいなと思います。

歌の上手さ

歌は上手いのではないかと思います。

 

ご自身が主役を務めたアニメ作品「多田くんは恋をしない」のエンディング『ラブソング』を歌ってらっしゃいましたが、透明感のある透き通ったかわいらしい声をしています。

これから歌う機会も多いと思うのでたくさん歌って今よりもっと上手くなって欲しいですね(笑)

個人的には好きです♪

キャラの演技力

演技力に関しては、現段階で石見舞菜香さんがやられているキャラクターは大人しめのキャラが多いのかなという印象を受けます。

 

なので、今の演技力でも十分いい演技が出来ているのかなと思います。

 

今後、全く方向性の違うキャラクターの声を当てる際にどのような演技を見せてくれるのか逆に楽しみです。

 

また、新人の場合はどうしても経験不足でデビューから1~2年目くらいは、演技に関しての批判などが多いのですが、石見舞菜香さんの場合は逆で『新人とは思えない』などの期待の声の方が多いです。

 

今の時点でも凄まじい勢いではありますが、今後さらに期待が高まります。

 

今は新人で新人の方らしい自然な演技があるのですがキャリアや経験を積んだときそれが薄れてしまうのは石見舞菜香さんのひとつの持ち味としてなくなるのはもったいないかなという気がしてます(笑)

 

難しいのかもしれないですけど、今の自然な演技をキャリアを積んでも出来てほしいです。新人・若手じゃないけど自然な演技が出来る声優!ってよくないですか?(笑)

スポンサードリンク

石見舞菜香と花澤香菜の声は似てる?

石見舞菜香さんとざーさんこと花澤香菜さんの声が似てるんじゃないかとネットで話題になっています。

 

確かに、初めて聴いたとき似てるなと思いました。というより、先ほどリンクで貼った『ラブソング』で石見舞菜香さんの歌声を聴いていただければ分かると思います。

 

まず、お二人に共通しているのは大人しくやさしい声という点ですがその中で確実に違うのは“声質”です。

 

幼さのある声が石見舞菜香さんで、大人で落ち着きのある声が花澤香菜さんです。

 

石見舞菜香さんはまだ歴が浅いので演技や声に若さがありますが、花澤香菜さんは子役時代から活躍していらっしゃるので演技や声に貫禄があります(笑)

 

なので、どちらかの声を完全に覚えれば聞き分けはつくのかなと思います。

 

ただ、新人のころから誰かの声に似ていると言われる人の印象があまりよくない…(笑)もちろん、個人的ですよ?

 

ある程度のキャリアや歴、技術などが確立していればいいんですが、まだほとんど何も確立しないない新人の頃から誰かに似てると言われているとそっちに寄せていく人が多いなという印象を受けるのでそれが少し怖いです。

 

石見舞菜香さんの場合は超がつくほどの大人気声優・花澤香菜さんなので、花澤香菜さんに似せていかないかが気になります。似てると言われていても石見舞菜香さんが自分というのをちゃんと持っていればそんなことにはならないと思いますが、万が一そうなった場合残念だなと思ってしまうので、寄せるということはしないで欲しいですね。

 

個人的な見解として寄せちゃう=生き残れないということになると思っています。

石見舞菜香の結婚や彼氏など恋愛事情について

現在、結婚や彼氏など恋愛に関する情報はありませんでした。

まだ新人さんなのでまだ出ないのではないかと思います。

出るとしたらこれからなのではないでしょうか。個人的にはそっとしておいてあげて欲しいですが…(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

新人声優・石見舞菜香さんについてご紹介していきました。

 

個人的にはまだまだ伸びしろのある新人さんじゃないかと思っています。

 

これからどんな作品でどのような活躍をしていくのか楽しみです。

 

そして個人的にはシリーズものの作品に出演して欲しいなと思います。なぜかというと、シリーズものになると成長が一番分かりやすいからです。

 

始まった頃は全然だったのに回を重ねていくごとにどんどん演技が上手くなっていってるというのが一番分かるのがシリーズものの作品だと個人的に思っているのでぜひとも出演していただきたいです!

 

声が似ているからダメとかではなく、声は似ているけどこの人とここが違うというところが明確になっていくと起用されることも多くなるんじゃないかと思うのでぜひ石見舞菜香さんにはこれから頑張って欲しいなと思います。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事