本記事では、2015年から活動を開始し1年目にして主演を掴み取り、わずか3年という期間で世のアニヲタを虜にするほどの人気を持つ女性声優の本渡楓さんについてご紹介します。

声優デビュー初年から『ここたま』にて主演を務め、そのほか『ガーリッシュナンバー』『亜人ちゃんは語りたい』など次々メインキャラを務めブレイクしている彼女の魅力は一体なんなのか?

スポンサードリンク

今回は、声優デビューまでの経歴やこれまで務めたアニメキャラ

そのほかプライベートな部分まで徹底解剖しましたのでよろしく!!

声優・本渡楓って誰?wiki的プロフィールと経歴紹介!

基本プロフィール

名前 本渡楓(ほんどかえで)
愛称 えーでちゃん、ほんどちゃん、かえちゃん
誕生日(生年月日) 1996年3月6日
年齢 22歳(2018年10月現在)
出身地 愛知県名古屋市
血液型 不明
性別 女性
所属事務所 アイムエンタープライズ
身長 152センチ
特技・趣味 ヘアアレンジ
好物 辛いもの、北極ラーメン

声優へのきっかけ

小学3年生の時に、校外学習中にすれ違ったお婆さんから『あなた、化粧映えするわよ』と言われ、化粧映えの意味を知らず調べてみたところモデルや女優さんがヒット。

つまり、私はモデルか女優になれば良いんだ!という単純明快な解答へとたどり着き、芸能界に入るために様々なオーディションを受けます。なかなかこんなに、前向きで積極的な考え方ができる人っていないですよね…

しかし、オーディションは全く受からず芸能活動は諦めモード。でも人前で芝居をしたり、表現する仕事に憧れを持っていたため、高校では演劇部を選択し活動を始めます。

その中で、本人的には看護婦や母親役などの年上キャラを演じたかったようですが、身長や童顔、声の幼さの関係上中学生役などがほとんど…

そんな時に同い年の女の子に声優事務所へ誘われたことがきっかけで、高校2年生の時に『日本ナレーション演技研究所名古屋校』へ入校。

 

本来は、高校在学中に声優所属事務所へ入りたかったそうですがそう上手くはいかず、地元の大学へと進学することに。親には『正式に声優になったら中退する』としっかり約束をし多そうです。そして、19歳の時にアイムエンタープライズが協力していた『プロジェクト758』というPR企画にてオーディションで合格。

大学2年目にて、大学を中退しアイムエンタープライズに所属し声優デビューとなります。

ちなみに、小さい頃はほとんど『NARUTO』ばかりみて育ったようです。

本渡楓の本名や年齢は?

本渡楓さんの名前はどうやら本名のようですね。

年齢は、1996年3月6日生まれなので2018年10月現在で22歳となっています。

性格は?

本人曰く『前向きで貪欲な性格』

また、これまでの経歴を見ても分かる通りかなり前向きでポジティブな性格です。

趣味は?

趣味としては主にラーメン屋巡りアコースティックギターがあります。

ラーメンに関しては、昔から大好きなようで特に好きなのは辛いラーメン。

蒙古タンメンの北極ラーメンというものがあるそうでこれが大好物なんだとか。

また、ラーメン以外にもタバスコなど辛いものは基本的に大好きなようです。

私も辛いのは比較的大好きなんですが、度がすぎるとお腹を下しがちなので本渡楓さんのこの辛党はガチのやつですね…

『アコースティックギター』に関しては、鷲崎健さんのラジオ番組でアシスタントをした際見せてもらったアコギがかっこよすぎて、翌週にはギターを購入してしまったようです。

かなり、やりたいことはすぐにやる、人の影響を受けやすいような性格ですね(笑)

仲の良い声優

仲の良い先輩は、ここたまで共演した潘めぐみさん

また、事務所の先輩である小澤亜李さん長縄まりあさんとも仲良しです。

 

尊敬する先輩としては亜人ちゃんは語りたいで共演した

諏訪部順一さん日笠陽子さんの名前を挙げています。

3人はストーリの関係上よく絡むのですが、収録中はいろいろなことを学び取り、収録外でも優しく接してくれる良い先輩だと話しています。

さすが、大物先輩声優たちは器のでかさが違いますね。

スポンサードリンク

本渡楓の代表作品・出演アニメキャラ一覧

デビュー作は『青春×機関銃』のモブ役

一番最初のお仕事(アフレコ)自体は『青春×機関銃』のモブ役となっております。

ですが、実際に一番最初に放送された本渡楓さん出演のアニメは『電波教師』の同じくモブ役のため、このためどちらがデビュー作というべきなのか微妙ですね。

視聴者への初お披露目という意味では、後者の方がデビュー作としては正しいのかも。

アニメ部門

かみさまみならい ヒミツのここたま/四葉こころ

デビュー1年目にして、初主演となる主人公の四葉こころ役を演じています。

「ものにはみんな魂がある」というおばあちゃんの教えを大切に守り続け、ある日大事に使っていた色鉛筆から神様見習いの1人であるラキたまが生まれます。

そんなラキたまとヒミツの契約を交わし友達となり、他の新しいここたまと出会い、友情を深めていくという内容になっています。

女児向けアニメというだけあって、ごちゃごちゃした描写は一切なくただ純粋に可愛らしく、心優しいキャラを演じていますので無垢な本渡楓さんの声を聴くことが出来ますよ。

デビュー年の2015年10月1日から2018年8月30日と約3年近く続いていた人気アニメでしたが、現在は『キラキラハッピー☆ひらけ!ここたま』とタイトルを改め2作目の主人公は高橋未奈美さんが務めています。残念ながら2作目に関しては、本渡楓さんは出演していません。

不思議なソメラちゃん/野乃本ククル

また、ここたまで主演の主演が決定した後、同年2015年に『不思議なソメラちゃん』にて主人公野乃本ソメラの妹役を演じています。

ちょぼらうにょぽみさんの作品であるこちらにて、ここたまに次ぐ2人目のメインキャラの配役を与えられています。

亜人ちゃんは語りたい/小鳥遊ひかり

亜人ちゃんは語りたいで本渡楓さんを知った方は多いでしょう。

とにかく可愛い。これに尽きます。

ヒナまつり/三嶋瞳

ヒナまつりは2018年に放送されたギャグアニメの中でも、群を抜いて面白かったです。

登場キャラクター全員が、個性豊かで面白いですがその中でも無限の表情バリエーションと言われたことは何でもこなせる超スペックハイパーウーマンが本渡楓さん演じる三嶋です。

ひょんなことから、ヒナまつり界でも屈指のクズとして知られる詩子さんに嵌められ、中学生ながら夜の店でバーテンダーをすることに。

頼まれたら断れない性格とその要領の良さゆえにどんどんキャリアアップを重ね

  • 中学生バーテンダー
  • アメリカでスナイパー
  • 女子高生代表取締役社長
  • 国外逃亡からのアメリカトップ企業でCEO

などなど作中最もギャグ要素満載のキャリアを兼ね備えています。

作中では、冷静なツッコミや驚きの表情はたまた普通の可愛らしい女の子っぽいところなどとにかく感情のアップダウンが一番激しいキャラなので、原作での面白さをアニメでもしっかり引き出せていたという点で本渡楓さんの声優としての実力が伺えます。

刀使ノ巫女/衛藤可奈美

刀使ノ巫女では、主人公の衛藤可奈美役を演じています。

人を襲う荒魂を退治する刀使として、戦う少女たちの物語で、可奈美はとにかく明るく元気で、何事も全力で打ち込むという内面的にはかなり本渡楓さんに近しい人物です。

本人も、そんな可奈美の人間性が大好きなようでオーディションの時からとても演じやすいキャラだと語っていました。

ゲーム部門

白猫プロジェクト/リンデ・オルト

バトルガール・ハイスクール(バトガ)/煌上花音

オルタナティブガールズ(オルガル)/吉良小百合

スポンサードリンク

本渡楓の声質や特技の赤ちゃん声が可愛いすぎる件

アイムエンタープライズの本渡楓さんのページにてサンプルボイスを聴くことが出来ますが、ここたまの四葉こころの声や駄々をこねる少女の声などなど全体的に演じるキャラとしては幼い年齢〜高校生くらいの雰囲気が強いです。

実際にこれまでアニメで演じて来たキャラクターを見ても、中高生の年代の女の子キャラ率が圧倒的なので今後もそのような役柄での抜擢が多くなりそうですね。

 

声に関しては色々な系統のボイスを扱えるようですが

普段のラジオなどで聴く声は結構花澤香菜さんに近いものを感じます。

というか結構似てると思います。気になる方は一度聞いてみてください。

赤ちゃんの演技が特技

そして、本渡楓さんといえば外せないのが『赤ちゃん声』

本人が特技というほど赤ちゃんの演技が得意なようで、赤ちゃんの配役をもらいたいという一心でずっと赤ちゃんの演技を練習していたことをラジオ『本渡上陸作戦』にて語っています。

そんな努力の甲斐あってか、2018年のアニメ『学園ベビーシッターズ』にて、猿渡美鳥という赤ちゃんの役に抜擢されています。

当たり前ではあるんですが、なかなか赤ちゃんの役自体のオーディションが極端に少ないため、初オーディションかつ初抜擢で本渡楓さんも大興奮。

しかし、オーディションの際あまりにもリアルな赤ちゃん声(もはや断末魔)のせいで、『リアルすぎて怖いから、もうちょっと可愛く!』というアドバイスが入ったようです。

あの顔とあの声でバブバブ言われた日には、私はもうあの世に旅立ってもいい。

 

ちなみに、リアルすぎる赤ちゃん声習得のきっかけは『クレヨンしんちゃん』の野原ひまわり役で有名なこおろぎさとみさん。

以前、ひまわりで喜怒哀楽をどのように表現するのかというコーナーがあったそうで、それを見てうまいこと赤ちゃん声を出す練習ができるようになったみたいです。

こおろぎさとみさんはあれが地声だから本当にすごいですよね。ただ、本渡楓さんの赤ちゃんボイスもなかなかのものなので、今後は日本の赤ちゃんボイス二大巨頭として励んでください。

また、本渡楓さんは2018年のアニメ映画『未来のミライ』でも赤ちゃん時代のミライの声を当てており、これが2回目の赤ちゃん役となっております。

本渡楓のtwitter(ツイッター)やブログ閉鎖

気になる方も多いでしょうが、本渡楓さんはツイッターやブログなどの

情報発信媒体を何も持っていないです… 残念!!

 

アニメとか好きなら割とtwitterって情報収集アイテムとして優秀ですから、使っていると思っていたのですが… というよりほとんどの声優さんは使ってます(笑)

 

そして、ブログに関しては厳密にいうと『ない』ではなく『あった』が正しいです。

以前にアメブロにて、自身の日々の出来事などを綴ったブログがありましたが、ある時からブログが閉鎖(削除)されてしまい、特に報告などもなくそれっきりとなっています。

 

ブログの閉鎖に関して色々な説が囁かれていましたが、有力なのは自身が出演する『バトルガール・ハイスクール』のアニメにて花音(本渡さんが演じるキャラ)の作中での行動・あり方について物申したことが原因ではないか?と言われています。

 

ですが、内容の主旨としてはアニメ作品をディスっているわけではなく、原作(ゲーム)をやって本来の花音のキャラを知ってほしいというもののため、別にブログ自体を消すほどのことではなかったと思います。

それが原因なら、その問題の記事だけ消せば良い話ですしね。

単純に、お仕事とブログの両立が厳しかったのかな?というのが本当かもしれません。

それでも別にブログを消すことはなかったと思いますが、真相は謎のままです。

本渡楓のファッションセンス・衣装は独特なのか?

本渡楓さんといえば、度々話題に上がるのがファッションセンスについて。

最近の声優さんは、普通にルックスも評価される時代になりつつあるため、声だけのお仕事であろうとメイクや服装などはきっちり決めておかないといけません。

 

そんな中でも、本渡楓さんのファッションは度々奇抜・変わっているなどと言われていますがその際たる例がかの有名なスイカワンピース。

私はファッションの良し悪しがなかなかに疎い方なので、これをおしゃれなのかダサいのかというのは決めきれないですが、まあなかなか着てる人は見たことがないですね。

 

そして、この美味しそうな焼きたてパンがひたすらプリントされているワンピース。

ここぞとばかりに、柄をプリントしてみました系ワンピースが好きなんでしょうか。

そして、最後に猫ちゃん。可愛いです。

基本的に声優さんに、声以外のものを求めてはいけないと思っているのんですが

やはり私も顔くらいまでは少し判断基準に入ってしまいます。

ただ、服装に関しては余り気にならない派なので自分の好きなものを自由に着てくれればと思いますね。 個性がないよりは全然良いと思います。

高校と中京大学を中退?

高校と大学に関しては謎な部分が多いです。

ただ、どちらも地元愛知県の名古屋市であることはわかっているためある程度は絞られますね。

2年生の頃に中退した大学は、『中京大学ではないか?』との意見が濃厚のようです。

スポンサードリンク

本渡楓の彼氏や結婚情報

現在は、特に熱愛などの情報はありません。

まだ、声優として3年しか活動期間がないため噂すら立たないというのも無理ないでしょう。

配役としても、他キャラクターが女性ばかりという作品が多いため

今後は男性声優との大きな共演などがあるとまた盛り上がってきそうですね。

本渡楓のかわいい画像集

本渡楓さんの可愛い画像をいくつか集めてみました。コスプレ写真も何枚か用意しています

刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火/衛藤可奈美のコスプレ

プロジェクト東京ドールズ/サクラのコスプレ

声優桑原由気とのハロウィンパーティツーショット

初期の画像

まとめ

今回は声優の本渡楓さんについてご紹介させていただきました。

すでに、勢いづいておりバカ売れすること間違いなしの逸材ではありますが

あと一発くらい大きな配役が欲しいところですね。

2018年も残すところわずかですが冬アニメ、春アニメに期待しておきたいと思います。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事