皆さんこんにちは。

今回は、へごちんの愛称で知られる女性声優の大橋彩香さんに付いてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

年齢としては比較的若手の部類であるへごちんですが、知名度的には同年代の声優と比べてもかなり高い方だと思います。愛嬌のある笑顔と独特の喋り方でファンを魅了し、ステージ上では一変圧倒的な演技力、歌唱力でギャップもすごいです。

 

そしてバンドリでは、ドラムも演奏しており楽器演奏に関しても定評があります。

 

今回はそんな大橋彩香さんがどんな人なのかについてご紹介していきたいと思います。

声優・大橋彩香のwiki風プロフィールと経歴紹介!

基本プロフィール

名前 大橋彩香(おおはしあやか)
愛称(あだ名) はっしー、へごちん、ちきさん、へご
誕生日(生年月日) 1994年9月13日
年齢 24歳(2019年4月現在)
出身地 埼玉県(育ちは東京都)
血液型 A型
所属事務所 ホリプロインターナショナル
身長 159センチ
趣味 カラオケ、アニメ鑑賞、ネット、ゲーム、音楽鑑賞、ドラム、読書
特技 ドラム、スポーツ、ポスターを巻くこと
好物 パスタ全般(魚介以外)、ペペロンチーノ

 

大橋彩香さんは、埼玉県で生まれ幼稚園の頃までは浦和市で育ちます。その後、東京都に転居して以降は東京で育っています。

簡単な経歴

元々、子役タレントとして活動しており劇団(東映アカデミー)に所属。舞台や教育テレビ、民放のテレビドラマなどに出演。

 

結構現在活躍している声優さんで、元子役としての経歴を持ってる方は多いですね!花澤香菜さんや悠木碧さんもそうですし、男性だと宮野真守さんや入野自由さんあたりも元子役ですね!

 

この辺りは、幼少期から子役として演技の経験を積んでいるからなのかもしれませんが、声優に転向してからも順調に売れて今ではみんな人気声優として活躍していますね。

 

そして、2011年にホリプロで開催された『第36回ホリプロタレントスカウトキャラバン』の次世代声優アーティストオーディションに参加しファイナリストまで選出。きっかけは高校の友達がオーディションを見つけてきてくれて、

 

残念ながらグランプリは逃してしまうものの担当者からその才能を見込まれホリプロに所属することになります。このスカウトキャラバンは現在活躍している声優さんも数多く、木戸衣吹さんや田所あずささん、Machicoさんなどもその1人です。

 

ちなみに、このスカウトキャラバンでグランプリを勝ち取ったのは田所あずささん。今ではバンドリでもユニットは違えど共演していますね。

 

そして2012年、テレビアニメ『アマガミSS+ plus』の第10話にて実行委員役で声優デビュー。同年4月から放送開始のテレビアニメ『エウレカセブンAO』では初のレギュラーであるフレア・ブラン役を演じる。

 

そして、さらにゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』の島村卯月役にも同年抜擢されています。

スポンサードリンク

こうしてみるとデビュー年からメインキャラを務めていたり、アイマス声優に抜擢ととてもいいスタートを切っていますね。

 

現在ではバンドリ声優としても活躍中ですし、長く活動を続けられるお仕事をたくさんいただけるのは声優さん本人としても応援するファンとしてもありがたいですよね。

 

そして2014年8月、主演のテレビアニメ『さばげぶっ!』のオープニングテーマである「YES!!」にてアーティストデビュー。こちらのPVでは、大橋彩香さんが長年取り組んでいる得意のドラムも披露されていますので必見です!!

2016年5月には1stアルバムである『起動〜Start Up!〜』を発売。

声優になったきっかけ

大橋彩香さんは、上述した通り以前から子役としての活動をしていたわけですがその一環で3ヶ月に1度色々なレッスンを受ける機会があったそう。

 

その中で日舞やアクションのレッスンなどを受ける中、声優のレッスンもありそこでアフレコや朗読を経験する中で少しずつ声優への興味が出てきたそうです。

 

そして、高校2年生の時に『ホリプロ スカウトキャラバン』に応募し、グランプリは勝ち取れなかったものの才能を見込まれ、事務所所属という流れになります。

 

それにしても、グランプリは取れなかったもののその才能を見抜く力、デビュー時の売り出し方といい大橋彩香さんは綺麗に成功してる感じがありますね。大橋さんを掘り出したホリプロはやっぱりさすがといったところです。

スポンサードリンク

本名や年齢は?

大橋彩香さんの本名は現在の活動名義でもある『大橋彩香』であることがわかっています。

子役時代からも同じ名前を使用していますので間違いなさそうですね。

年齢に関しては、2019年4月現在で26歳となっています。年齢的には若手ですが、芸歴としてはかなり長いベテランさんです。

へごちんの由来とは?

そして、今やほとんどの方が愛用している『へごちん』という愛称。

完全初見の方は『なんでへごちん!??』と思う方も多いでしょう。かくいう私も初めてその愛称を知った時は、下ネタか何かと完全に勘違いしていました(笑)

この名前で呼ばれるようになったのは、声優の五十嵐裕美さんの『チャンネルはオープンソースでっ!』の第25回にて大橋彩香さんがゲスト出演した際のこと。

番組コーナーで視聴者からの投書を読んでいた際、『客の頭へゴチン』という文を『客の頭をヘゴチン』と読み間違えてしまいます。

読み終わった直後、五十嵐裕美さんからのツッコミと共に周囲のスタッフから笑いが起き以降はファンや共演者からも『へごちん』と呼ばれるようになります。

 

へごちんは、これ以外にも基本的に漢字等に弱い節があり、各々を『かくかく』と読んでしまったり、『天衣無縫』を『てんころもむぬい』と読んでしまうなど数々の漢字クソザコエピソードがありますので気になる方はラジオなどチェックしてみてください(笑)

スポンサードリンク

人気声優・大橋彩香の性格はどんな人?

喋り方の濁音ノイズが半端ない

大橋彩香さんといえば、特徴的なのが喋り方。

ファンからは『キュートな濁点』などと呼ばれる喋り方、実際にラジオやイベントなどで喋るへごを見ていただければわかりますが、全体的にノイズががったごにょごにょした喋り方です(笑)

 

度々ファンや共演者からネタにされることも多く、イベントではその他声優による大橋彩香さんのモノマネが度々組み込まれていたりととにかく人気です。

 

最近では、もはやモノマネ声優の方がうますぎて本家へごの方が下手くそだと言われることも…。ちなみに個人的に一番モノマネが上手いのは上坂すみれさんだと思います。

 

この喋り方がとにかく聞いていて癖になるのととにかく可愛いんですよね!それでいて歌っているときは一変カッコ良くなるのでたまらないんですよね〜。

ゲーム大好き

また、大橋彩香さんは意外にもゲーム好きなことで知られており、乙女ゲーを始めRPGや音ゲーなど数々のゲームを購入してはプレイするものの、追いつかず未プレイのゲームが溜まっていくいわゆる積みゲー状態になっています。

スポンサードリンク

ちなみに自宅には

  • PS3
  • PS4
  • PSP
  • 3DS
  • PS Vita
  • Wii
  • Xbox360

などなどおよそ一般的な家庭用ゲーム機はほとんど所持している模様です…

これでSwitchも加われば最強な気がしますね。

へごちんの圧倒的ドラムの腕前と歌唱力

そして、現在はバンドリ声優としても活躍中のへごちん。メインバンドでもある『Poppin'Party』の山吹沙綾として出演中ですが、キャラが担当しているドラムを実際に演奏しています。

 

しかも、ドラムの腕も相当な上に叩きながら高い歌唱力で歌を歌う高等技術も持ち合わせています。大橋さんは、ソロデビュー時から歌もめちゃめちゃ上手いことで知られていましたのでそこまで驚くことでもないかもですが…

 

それでも、一番体力を使うであろうドラムを叩きながら歌い上げるのはそう誰でもできることではないですからやっぱりすごい。本人曰く運動神経は悪いとのことですが、見た目と違って結構体力はあるみたいですね。


そんな大橋彩香さんですが、実はドラム歴は相当長く小学5年生から取り組んでいます。なので、2019年4月の時点では大体15年くらいになりますね。

 

ピアノやギターをやっていた時期もあるようですが、最終的に続いていたのはドラムだけなんだとか。小中学時代は、発表会などにも参加していたようです。

 

そして、高校に入学してからは軽音部に所属、バンド活動も開始します。そこまでがっつり取り組んでいたわけではないようですが、当時演奏していた曲として『ONE OK ROCK』の『恋のアイボウ心ノクピド』を挙げていました。

ちなみに、目標とするドラマーとして凛として時雨のドラム担当であるピエール中野さんを挙げています。

スポンサードリンク

歌唱力に関しては、ソロ活動の方でチェックしていただければ十分に分かると思いますが、個人的にはバンドリで歌った『一番の宝物』が大好きです。

本家だとLiSAさんが歌っているユイverが大好きなんですが、LiSAさんに負けず劣らずの歌唱力で感動しました。

まとめ

今回は声優の大橋彩香さんについてご紹介させていただきました。

 

実力はもちろんのことそのほかの魅力もたっぷりの声優さんなので、これを機にアニメ作品もぜひチェックしてみてください!

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事