今回は、映画・聲の形に登場するキャラクターの担当声優さんと代表作などをまとめて見ました。

スポンサードリンク

なんだかんだ何回か聲の形は見ていたものの、結弦役が悠木碧さんだということしか把握していなかったので、ふと誰が声当ててたっけと思い調べることにしました。

映画・聲の形のストーリーやあらすじ

映画 聲の形は、山田尚子監督による長編アニメーション映画です。ちなみに、原作は大今良時さんの『聲の形』です。

 

制作は京都アニメーションが担当しているだけあって作画は神でした。以下あらすじです。

“退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。“ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を訪れる。これはひとりの少年が、少女を、周りの人たちを、そして自分を受け入れようとする物語――。

スポンサードリンク

聲の形の登場人物キャラクターを適当に紹介

聲の形のキャラクター紹介ですが、こちらは作品を見てしまった方が変にネタバレもなくていいと思いますので、軽く説明しておきます。

石田将也

主人公、小学校の頃に耳の聞こえない西宮を好奇心からいじめ、逆に自分がいじめの対象に。西宮が転校してから、彼女の優しさに気づき高校生になってから手話を覚え西宮と再会。過去の罪滅ぼしと自分のトラウマと向き合うため西宮との時間を過ごす。

西宮硝子

もう一人の主人公、先天性の聴覚障害を持っている。聞き取りも発音も困難。将也のいた学校でいじめられ、転校後は特別支援学校に移り内向的な生活を送る。将也との再会後は、小学校時代の旧友との交流が増え色々やる。

 

小さいころから、コミュ人ケーションがうまくいかないため、他人と意見を交わすのが苦手であり、周囲とギスギスしてしまうと愛想笑いで誤魔化す癖があるが、その正面からぶつかってこないことが逆に周りをイライラさせたりする。

西宮結弦

西宮硝子の妹。不登校で一人称はオレで見た目も少年のような風貌をしている。

姉をとても大切に思っており、姉に対する偏見やいじめが大嫌い。西宮のガードマン。風貌やオレ呼びも、結弦なりに姉がいじめられないようにと考えた結果の変化。最初は、かつて姉をいじめていた石田を嫌っていたが、石田の西宮に対する純粋な思いに気づき途中から応援してくれる。

永塚友宏

石田が、高校に入ってから初めてできた友達。ノリが良く、良き理解者でもあり石田の数少ない相談相手。

植野直花

石田の小学校時代の同級生の女の子。転校してきた西宮に対し、ノートを取ってあげたり、積極的に筆談したりするものの、負担も大きく、その割に担任教師からの理解もなく次第に西宮への世話と西宮に対し不満を募らせるようになる。

スポンサードリンク

最終的に、石田たちと揃って西宮に対するいじめを行うものの、石田がいじめの主犯として吊るし上げられた際、自分は責任逃れし、石田だけを売ってしまう。植野は石田に好意を寄せていたにも関わらず、石田を売ってしまった罪悪感から、全てを壊したのは転校してきた西宮のせいだと考えるようになる。

佐原みよこ

石田の小学校時代の同級生。西宮の世話役を任された植野の負担を軽減するため、手話を学びながら献身的にお世話するものの、周りからは『点数稼ぎ』と言われるようになり不登校になってしまう。

 

高校生になってからは、石田や西宮と再会し良き友人として接している。

 

佐原さんは、クズが渦巻く聲の形の作中でも数少ない非クズだと思います。

川井みき

石田と小学校から高校までずっと同級生。クソオブクソ。八方美人で、自分が追い詰められると相手を悪者扱いする。

 

直接的ないじめは行っていないものの、植野と裏では陰口を一緒に言っていた。

 

一番タチが悪いのは、自分が西宮をいじめていたという自覚がないこと、石田がいじめのせいでクラスメイトから逆にいじめられるようになったことも当然の報いだと思っていたこと。川井から出てくるあらゆるクソのような行動は、全て悪意からではなく素でやっているというのが一番タチが悪いです。

 

個人的に、一番好きになれないキャラです。

真柴智

高校の石田の同級生。原作では、なかなかに裏のヤバイやつなんですが、映画版ではそこらへんのエピソードは諸々カットされており、ただの爽やかモブ扱いになっているので割愛。

映画・聲の形の出演声優をキャラクター別に紹介

石田将也を担当する声優/入野自由

入野自由さんは、1988年2月19日生まれジャンクション所属の声優さんです。小さい頃に見に行った劇団四季の舞台に興味を持ったことがきっかけとなり、4歳の時に劇団ひまわりへ入団。

 

『逮捕しちゃうぞ』のショウ役にて声優デビューを果たし、2001年には超有名なジブリ映画『千と千尋の神隠し』にてハク役を演じ一躍有名になりました。

入野自由のその他の代表出演作品

入野自由さんは、言わずと知れた超人気声優ですから代表作に悲しては挙げるとキリがないんですが、個人的な作品の好みも交えながら挙げるとすれば

  • あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。/宿海仁太(じんたん)
  • 男子高校生の日常/タダクニ
  • ハイキュー!!/菅原孝支
  • おそ松さん/松野トドマツ
  • キングダムハーツシリーズ/ソラ

 

この中だと、個人的に一番見て欲しいというかやって欲しいのはキングダムハーツシリーズですかね(笑)

 

ゲーム作品と映像作品合わせて8作品ほどプレイしないと、話の全容が見えてこないのでかなりハードルは高いですが、その分ストーリーとゲームの演出などは神がかっています!

スポンサードリンク

2019年1月に、最終作であるKH3も発売されようやく17年に渡る超大作も完結ということで、非常に注目が集まっていますのでぜひ!

 

入野自由さんは、今あげた代表作でもわかるように少年〜青年役、しかもその中でも優しげな性格、声のキャラクターを演じることが非常に多いですね。聞いていて安心感のある声が特徴的です。

西宮硝子を担当する声優/早見沙織

早見沙織さんは、1991年5月29日生まれ、アイムエンタープライズ所属の声優さんです。小さい頃から、オードリー・ヘプバーンの映画の吹き替えを鑑賞しており、そこから日本語で吹き替えされていることに気付き声優という仕事へ興味を持ち始めます。

 

中1の頃から、日ナレに通い出し、2年後にはアイムエンタープライズのオーディションに合格。2007年にテレビアニメ『桃華月憚』の川壁桃花役でアニメデビューをします。

早見沙織のその他の代表出演作品

早見沙織さんの代表作としては

  • セキレイ/結
  • そらのおとしもの/イカロス
  • 絶対防衛レヴィアタン/レヴィアタン
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。/雪ノ下雪乃
  • 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。/新垣あやせ
  • 魔法科高校の劣等生/司波深雪
  • アイドルマスターシンデレラガールズ/高垣楓

 

などなどがあり、その透き通った透明感ある声で数多くの作品でヒロインを務めています。今回務めた、西宮硝子役は先天性の聴覚障害を持った女の子のため、耳が聞こえない=発声もうまくできないといったところからこれまでに演じたことのない難しい配役だったと思います。

 

実際、早見さんも参考映像や音声を繰り返し聞いたり、実際に聾唖の方と実際に会話をしたり、実際にその方達にセリフを読んでもらったり、喋り方を覚えた時のことなどを尋ねたりととにかく西宮さんの役作りに徹底したようです。

 

実際作中での演技はとても上手でしたし、私はそういった方に出会ったことはないものの、早見さんの演技を通して『耳が聞こえないと、こういう発音になるのか』と知ることができました。

 

一般的な声優としての演技力はもちろんのこと、今回の西宮硝子役のようなこれまで声優として培ってきた経験を全て組み直して演じる必要があるような役にも入り込んで演じられる演技力の高さはやはり一流の声優さんならではです。

西宮結弦を担当する声優/悠木碧

悠木碧さんは、1992年3月27日生まれ、プロフィット所属の女性の声優さんです。4歳の頃から、子役としての活動をしているため芸歴としては20年越えのベテランさんです。

 

2003年、小学5年生の時に『キノの旅』のサクラ役として声優デビューし、2011年には超代表作とも言える『魔法少女まどか☆マギカ』にて主人公・鹿目まどかを演じ大ブレイク。

 

今では歌手や声優として幅広く活動している超人気声優です。

悠木碧のその他の代表出演作品

悠木碧さんの代表作なんて、腐るほどあるので全部挙げてしまうとキリがないのですが、個人的な作品の好みなどを踏まえて挙げるとすれば

  • 魔法少女まどか☆マギカ/鹿目まどか
  • GOSICK-ゴシック-/ヴィクトリカ・ド・ブロワ
  • 幼女戦記/ターニャ・デグレチャフ
  • 七つの大罪/ディアンヌ
  • 戦姫絶唱シンフォギア/立花響

などがあります。

スポンサードリンク

個人的に、悠木碧さんといえば罵るキャラ、毒を吐くドSキャラが最高に噛み合っていて大好物なので、上の中などGOSICKや幼女戦記が特におすすめの作品となってます。

永塚友宏を担当する声優/小野賢章

小野賢章さんは、1989年10月5日生まれ、アニモプロデュース所属で俳優や声優など幅広く活動しています。小野賢章さんは、4歳の頃から子役として活動しており映画『ハリーポッター』シリーズの主人公・ハリーの吹き替え役を務めるようになってから声優としての活動も広がり色々な作品で主役を務めています。

小野賢章のその他の代表出演作品

小野賢章さんの代表作は、やはりアニメではないものの外せないのが『ハリーポッター』シリーズの吹き替えですね。

 

その他アニメの代表出演作品だと

 

  • 黒子のバスケ/黒子テツヤ
  • ReLIFE/海崎新太
  • ジョジョの奇妙な冒険-黄金の風-/ジョルノ・ジョバーナ

 

などがあります。特に、黒子のバスケの黒子テツヤ役は小野賢章さんが声優としてブレイクするきっかけにもなった作品ですし、ジャンプの人気タイトルというところでも見ていただきたいですね。

 

その他、現在放送中の『ジョジョの奇妙な冒険-5部-』では主人公のジョルノ・ジョバーナ役を演じています。総じて、小野賢章さんは落ち着いた少年〜青年の声がハマっており、聲の形の永塚役でも超イケボを披露しています。

植野直花を担当する声優/金子有希

金子有希望さんは、1987年1月19日生まれ、青二プロダクション所属で現在は声優、舞台女優、ナレーターとして主に活動しています。声優としては、2013年1月に放送開始したテレビアニメ『たまこまーけっと』の常盤みどり役が初のアニメレギュラー出演となっています。

金子有希のその他の代表出演作品

金子有希さんの代表作としては、あまりアニメ出演が少ないので何とも言えないですが先ほど挙げた初のレギュラー出演とも言える『たまこまーけっと』と『アイドルマスターシンデレラガールズ』では高森藍子役として出演しています。

佐原みよこを担当する声優/石川由依

石川由依さんは、1989年5月30日生まれで砂岡事務所所属、現在は女優や声優としての活動をメインに行なっています。6歳の頃から、劇団ひまわりに入団し数多くの舞台で主演を務めてきたどちらかというと舞台女優の方がメインの声優さんですね。

スポンサードリンク

声優としてのデビュー作は2007年に放送されたテレビアニメ『ヒロイック・エイジ』のディアネイラ役となっています。

石川由依のその他の代表出演作品

石川由依さんは、色々な作品に出演されていますがやはり一番知名度のある作品でいうと『進撃の巨人』のミカサ・アッカーマン役ですね。巨人では、基本的に暗めで冷静な女の子を演じていますが、時に感情的になる際は迫力ある演技で非常に感情の幅が広いキャラです。

 

加えて、『アイカツ!』では新条ひなき役を演じており、普通の可愛らしい女の子を演じていたりしています。ちなみに、聲の形で演じている佐原みよこは高校時代は周りに気を配れる明るいとにかくいい女の子役を演じています。

川井みきを担当する声優/潘めぐみ

潘めぐみさんは、1989年6月3日生まれでアトミックモンキー所属の声優さんです。潘めぐみさんは2011年に声優デビューしていますが、デビュー作からとんでもない大役に抜擢されております。

潘めぐみのその他の代表出演作品

潘めぐみさんは、デビュー作にして代表作でもある『HUNTER×HUNTER』の主人公であるゴン=フリークス役で有名ですね。

 

ハンターハンターは、いわゆる新旧の2パターンがありますが潘めぐみさんが演じているゴン役は新バージョンの方のゴンとなっています。ちなみに旧版のゴン役は、NARUTOの主人公。うずまきナルト役でも知られる竹内順子さんが演じています。

 

新旧議論は、は作画や声優さんなど色々と賛否両論ありますがどちらも長所短所共にありますので、一概にどちらがいいとは言えませんね。ただ、個人的には新版の方が馴染み深いです!ただイルミの声は個人的に旧版の方が好きです^^

真柴智を担当する声優/豊永利行

豊永利行さんは1984年4月28日生まれ、スーパーエキセントリックシアター所属の声優さんです。10歳の頃に、ヒーローものの舞台を見て、ヒーローに憧れ役者を志し、1995年にミュージカルにて子役デビュー。

 

2002年に、『ヨコハマ買い出し紀行-Quiet Country Cafe-』のタカヒロ役に声優デビューします。

豊永利行のその他の代表出演作品

豊永利行さんの代表作品としては色々とありますが、まずは『テニスの王子様』のミュージカルを経験し、『アニメにも出演したい』という要望からオーディションを受け出演することになった蒼剣太郎役があります。

 

そのほかには個人的に大好きな『東京喰種』では主人公・金木の親友役でストーリーにも深く関わってくる永近英良役を演じています。あとは『ユーリ!!!on ICE』では主人公の勝生勇利役を演じています。

スポンサードリンク

少年〜青年役が多いですが、声の幅も広く演技力も非常に高い声優さんとなっています。

    石田将也(小学生)を担当する声優/松岡茉優

    主人公である石田将也の幼少期は、唯一女優をメインに活動している松岡茉優さんが担当しています。これは全然気付きませんでしたね〜。出番は序盤の回想だけなので比較的少なめですが、違和感なく演じれていました!

    まとめ

    今回は、映画聲の形の声優さんについてご紹介させていただきました。

     

    原作とは、構成がちょっと変わってはいるものの十分楽しめる作品なので、ぜひ見てみてください!

    スポンサードリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事